分娩ガイド < 分娩費用



分娩費用

分娩は病気ではありません。ですから分娩費用は健康保険の適用外です。

検診料は病院によっていろいろですが大体四千円程度と見ておけばいいでしょう。

検査項目が多い日は一万円を超えることもあるようです。
sponsored link

飛び込み出産はリスクがいっぱい!

検診料がかさむことを嫌って、ごく稀に検診を受けない方がいます。

出産まで一度も検診を受けないで出産することを「飛び込み出産」と言いますが、これは非常にリスクが高い出産です。

病気の有無も何も確認できていないのですから。飛び込み出産の病院側の受け入れ困難報道をテレビなどでご覧になった方も多いでしょう。

こういったことを受けて出産育児一時金の引き上げがあり、現在では42万円となっています。

また、定期検診費用に関しては一部自治体が負担・もしくは各種の検査が一切無料という地域があるのでまずは役所に確認してみましょう。

分娩費用の例

さて、では分娩費用のお話に戻りますね。
支払方法は色々ですが、分娩費用はまとめて出ていくものです。

一例を挙げましょう。


●分娩費用の例

・個人クリニック : 30万〜40万円
・総合病院 : 30万〜35万円
・大学病院 : 25万〜30万円
・私立大学病院 : 30万〜40万円
・助産院 : 30万円程度


クリニックによって多少金額は前後しますが、分娩費用は上記の金額内に
収まるようです。

もし、トラブルが起きて合併症の手術もしくは帝王切開を行った場合には健康保険適用(本人または夫)になります。

単に入院日数が長引いたということであれば、加入している生命保険から給付金を受けとることができます。
sponsored link

大野歯科医院
群馬県前橋市千代田町2丁目2−10
国道17号線沿い 前橋テルサ斜め前
TEL:027−231−4690
時間予約制
診療日
9:00〜12:15
(隔週)
× ×
14:00〜18:15
(火曜、土曜は17:15分まで)

(隔週)
× ×