分娩ガイド < 分娩のリスク、異常分娩



お産にリスクはつきもの

世界一の安産国であると言われている日本。
しかしそれでも分娩にはリスクがつきものです。

『ローリスクであってもノーリスクじゃない。』
これがお産です。
sponsored link

見出し2

分娩にはいろんな種類があります。

無痛分娩と和痛分娩
自然分娩 (普通分娩)
飛び込み分娩
高齢分娩
帝王切開分娩(異常分娩)

どの分娩にもリスクはあります。

例えば高齢出産だとどんなリスクがあるでしょう?

高齢出産のリスク

「妊娠中毒症の増加」
「前置胎盤・常位胎盤早期剥離の増加」
「子宮内胎児発育遅延・早産」
「内科疾患(糖尿病、肥満など)の合併」
「卵巣腫瘍合併症」
「卵巣腫瘍」
「子宮筋腫合併妊娠」
「ダウン症候群の発生頻度」
「DNAの損傷」
「羊水過多症」
「小人症」
「高齢分娩」
「ダウン症候群」
「新生児自閉症の発症」

考えられるリスクはこんなに挙げられます。

見出し2

また異常分娩は帝王切開分娩や吸引分娩・鉗子分娩など「分娩」の行為そのものだけでなく、分娩した後の母体の損傷も含まれます。

「癒着胎盤」
「子宮弛緩出血」
「子宮内反」
「羊水塞栓」
「頚管裂傷」
「HELLP症候群」

など。

分娩に関するリスクはいろんな要因が絡まり合って起こります。

ですから定期検診は欠かさず医師のアドバイス通りに生活をし、少しでも安全な分娩が行えるように準備しておきましょう。
sponsored link

大野歯科医院
群馬県前橋市千代田町2丁目2−10
国道17号線沿い 前橋テルサ斜め前
TEL:027−231−4690
時間予約制
診療日
9:00〜12:15
(隔週)
× ×
14:00〜18:15
(火曜、土曜は17:15分まで)

(隔週)
× ×