神経質なので、書籍で指摘されたインプラントの強度・安全面が気になります
坊っちゃん さん 男性  37歳
2009-09-28 07:44:30
インプラントの強度について次のような指摘をされている書籍を読みました。

素人ながら、説得力を感じてインプラントってどうなんだろう?と考えるようになりました。

できることなら先生方の意見を聞かせてください。


−−−−−−−−−−

『荷重を加えてゆるまないネジは存在しない』というのは工学的な常識である。

また、インプラントの金属と骨は材料係数のヤング率とポアソン比が異なる。

この2つをがっちり固着し、癒着したところに温熱刺激や力学刺激によるエネルギーが作用すれば、両者の分子の収縮率が異なるために、接合部は必ず破綻する。

それで、一生涯使えるはずのインプラントが抜け落ちたり、折れたり、感染したりする。

−−−−−−−−−−

確かに、新幹線のねじのゆるみに対して、大阪の企業が緩まない特殊なネジを開発したというニュースを聞いたことがあります。反復継続的な力や熱エネルギーが作用すると、遠からず破断するかもしれない、と素人ながらに感じました。



続けて
−−−−−−−−−−

歯科インプラントはあくまでも『入れ歯』の延長だから、そこには人工臓器とか人工の代替器官といった発想は全くうかがえない。

哺乳動物の(釘植歯)の特徴であるセメント質歯根膜、固有歯槽骨(ソケット)を人工的につくることは初めからあきらめていたのだろう。骨性癒着の歯は爬虫類や両生類の歯だ。

−−−−−−−−−−



また

−−−−−−−−−−
骨に癒着したインプラントに力が加わると、そのベクトルはそのまま骨に伝わる。

しかし両者は材料係数が異なるので、癒着した接合部が少しずつ破断して、骨のリモデリングができない。骨は血液の流れにしたがって生じる流動電位によってはじめて造骨やリモデリングができる。

とあります。


ただ、歯科医師である著者は本の中で、独自に開発した人工歯根療法を施術されているそうです。


−−−−−−−−−−
機能下でゆるまないネジは存在しない。

それで現代工学では、剛対剛のシステムを廃して、本物の歯のごとく、歯根膜のような弾性体と接合部をはさんで揺らぐようにしている。

地震対策として、ビルディングの土台に太くて大きなゴムの柱を使うのと同じ発想である。

ともあります。


インプラントの強度や、もっといえば安全性とか、生体に対する親和性といったものは確かなものなのでしょうか?

ご教授よろしくお願いします。
歯医者/歯科情報の歯チャンネル運営者の田尾です。

"確かなもの"という定義がどの程度なのか?によって回答は変わると思いますが、一般的には最近のインプラントは安全性は高いと思います。

ただ、100%成功するかと言われればそうではありませんし、まれに麻痺などが出ることだってありますし、折れることもあります。

しかし、"を失う"ということ自体がすでに大きなリスクですから、その失った歯を補うためには、インプラントにせよブリッジにせよ、部分入れ歯にせよ、必ず何らかのリスクを伴います。

しかし、メリットのほうが大きいと考えられるから治療を行うわけです。

インプラントによって得られるメリットとリスクを天秤にかけた場合、メリットのほうが大きいと思われますので、治療オプションとしてインプラントは十分に確立された治療法であると言えるのではないかと思います。

親和性に関してもアレルギーという観点で考えれば、チタンは非常にアレルギーの出にくい材料ですが、それでも100%安全とは言えません。

究極的には、自分の歯がもう一度生えてくるようにできれば最高なのかもしれませんが、現時点ではそれは現実的ではありませんので、失った歯を補うためには必ず何らかのリスクを負う必要があります。



・・・といろいろと書きましたが、インプラント自体は1965年から臨床応用されていて、世界中でものすごく多くの研究が行われ、開発・改良されてきていますから、きちんとした手順で行えば、様々な治療法の中でも安全度は相当高いと思います。

どちらかというと、"独自に開発した・・・"というもののほうが怖そうな気はしますね(^^;)
2009-09-14 08:16:28

この相談の詳細情報
このページは歯チャンネル提供のリンク機能を使用して、原文より一部抜粋したものです。
全ての質問文と回答を見る際は、原文をお読みください。
原文を見る 神経質なので、書籍で指摘されたインプラントの強度・安全面が気になります
メインカテゴリ 抜歯(抜けた・抜く予定) <337>
虫歯(むし歯) <417>
歯の根っこの病気・異常 <95>
レントゲン・CT <45>
インプラント <176>
専門的な質問 <278>
サブカテゴリ 虫歯その他 <92>
抜歯:6番(第一大臼歯) <48>
インプラントその他 <112>
インプラント関連 <13>
根の病気(根尖病変・根尖病巣) <44>
CT <18>
       
歯科相談 メインカテゴリ一覧
歯医者さんの探し方 <39>
抜歯(抜けた・抜く予定) <337>
歯の異常・トラブル <209>
歯の痛み <254>
知覚過敏 <6>
虫歯(むし歯) <417>
歯の根っこの病気・異常 <95>
根管治療(神経・根の治療) <390>
歯茎(歯ぐき)の病気・異常 <165>
歯茎(歯ぐき)の痛み <69>
歯周病(歯槽膿漏) <177>
歯列矯正(矯正歯科) <300>
歯並び(歯ならび) <120>
噛み合わせ(咬合) <66>
歯軋り(歯ぎしり) <42>
顎関節症 <52>
審美歯科・美容歯科 <96>
歯のホワイトニング <35>
口臭 <14>
親知らず(親不知) <141>
上顎洞炎(蓄膿症) <20>
小児歯科・子供の歯 <135>
妊娠〜出産〜授乳 <36>
歯磨き(プラークコントロール) <102>
舌、粘膜、唇の病気・異常 <41>
アレルギー(過敏症) <30>
麻酔 <45>
薬剤 <59>
レントゲン・CT <45>
歯科恐怖症 <29>
治療費・費用 <129>
医療ミス・裁判・不信感 <287>
詰め物、インレー <160>
クラウン(差し歯・被せ物) <328>
支台築造(歯の土台) <60>
インプラント <176>
ブリッジ <145>
部分入れ歯(部分義歯) <55>
総入れ歯(総義歯) <12>
衛生士・技工士・歯科助手 <87>
専門的な質問 <278>
歯科と全身疾患 <68>
海外 <113>
その他 <727>