歯性上顎洞炎、抜歯が先か耳鼻科内視鏡手術か悩み続けています
サマンサ クマ さん 女性  48歳
2010-11-14 10:56:45
参考:過去のご相談
7番の歯性上顎洞炎、移植やインプラントについて悩み続けています
歯性上顎洞炎の根治術や移植について悩んでいます


先日からは先生方から助言をいただき有難うございます。

先週からも投稿させていただいた続きです。
歯科大からの方針は下記の通りでした。

1、当初再植が希望でしたが、感染源があるため今のままでは再植は無理そうであるとのこと。

2、また先に抜歯を行うには上顎洞が目の近くまで膿があるため、抜歯ではかなりの膿が出て、また抜歯の洗浄だけでは病巣をとれない。
抜歯の前に、上顎洞根治を先にした方がよいのでは?との助言でした。

3、一番は、根治術が一番よいが、怖いのであれば先に耳鼻科内視鏡手術をうけてから、術後炎症が落ち着いてから移植か抜歯をためすことも可能とのことでした。
いくつも方法があから悩むかもねといわれておりました。

以上大学の治療方針

4、以上を受けて大学病院を紹介された口腔外科に相談にいったところ、根治術がいやなら先に抜歯か再植をすぐでもすべきだ。
内視鏡手術を先にしても今は歯を治療しないと病巣がすすむといわれます。
病巣があっても再植はできる。
もし上手くいかねければ抜歯すればよいといわれます

私は、歯の治療や膿は内視鏡か根治術で、上顎洞の膿を一刻も早く取り除く必要があることは認識しています。
1本の歯ですが、調べれば調べるほどどれがよいのかわからなくなってしまいます。

根治術は上顎のう胞が再発するリスクがあるし、内視鏡手術をしている間に病巣はすすむのではないかと悩みがつきません。

お忙しいところ申し訳ありませんが、今一度アドバイスいただければ幸いです。


質問1、もし先に耳鼻科の内視鏡手術を12月にうけた場合、現在根幹治療だけなので病巣が残っているから、抜歯か再植は術後になりますが、今より病状はかなりすすむのでしょうか?
再発しても移植はできるのでしょうか?

質問2 抜歯を先にすれば私のケースは、上部の膿はとれないのでしょうか?
また膿がでてどうしようもなくなるのでしょうか?

質問3 奥歯に感染源があっても、根幹治療ができていれば再植はできる方法があるのでしょうか?

一番は再植希望ですが、感染源がある場所に再植するのがリスクを伴うであれば問題ですし、抜歯が必ず必要なのか、自分でもいい加減決めなくてはと思いますが、歯科大の先生も開業医の先生も親身になって言ってくださるのですが、見解が違うのが疑問です。

一般的な見解でも結構です。
よろしくお願いいたします。



サマンサ クマ
歯医者/歯科情報の歯チャンネル運営者の田尾です。

すでに何名かの先生から実際に診察をした上でのコメントを頂いているようですが、サマンサ クマさんが信用できそうだと思った先生はいらっしゃいますか?

もし僕がサマンサ クマさんの立場だったとしたら、一番信用できると感じた先生に「先生がもし私の立場だったとしたら、どのような選択をされますか?」と質問をして、その意見に従うと思います。

絶対に正解だと言い切れる方法があれば話は簡単なのですが、実際のところは様々な選択肢がある状態だということですし、それはつまり、「どれも間違いではない」と言えます。

だったら、信頼できる先生がお勧めする方法が一番なのではないでしょうか?

いろいろと考えれば、医学的に妥当な方法(一般的見解)の目安は付くと思いますが、それがサマンサ クマさんにとってベストの方法とは限りませんので、究極のオーダーメイドである医療を行う上ではそれほど大きい意味を持たないかもしれません。

気になることは事前に紙などにまとめておいて、先生に質問すればいいと思います。その時の反応も先生が信頼できそうかどうかのバロメーターになると思いますので。


ご不安が大きい中で、しかも勇気が必要で本当に大変なことだと思いますが、少しでもご自身の中でベストに近い選択ができるよう、頑張って下さいね。

陰ながらですが、応援しております。
2010-11-01 19:34:47

この相談の詳細情報
このページは歯チャンネル提供のリンク機能を使用して、原文より一部抜粋したものです。
全ての質問文と回答を見る際は、原文をお読みください。
原文を見る 歯性上顎洞炎、抜歯が先か耳鼻科内視鏡手術か悩み続けています
メインカテゴリ 抜歯(抜けた・抜く予定) <337>
上顎洞炎(蓄膿症) <20>
専門的な質問 <277>
サブカテゴリ 抜歯:7番(第二大臼歯) <54>
上顎洞炎(蓄膿症) <20>
口腔外科関連 <18>
       
歯科相談 メインカテゴリ一覧
歯医者さんの探し方 <38>
抜歯(抜けた・抜く予定) <337>
歯の異常・トラブル <209>
歯の痛み <254>
知覚過敏 <6>
虫歯(むし歯) <417>
歯の根っこの病気・異常 <95>
根管治療(神経・根の治療) <390>
歯茎(歯ぐき)の病気・異常 <165>
歯茎(歯ぐき)の痛み <69>
歯周病(歯槽膿漏) <176>
歯列矯正(矯正歯科) <300>
歯並び(歯ならび) <120>
噛み合わせ(咬合) <66>
歯軋り(歯ぎしり) <42>
顎関節症 <52>
審美歯科・美容歯科 <96>
歯のホワイトニング <35>
口臭 <14>
親知らず(親不知) <141>
上顎洞炎(蓄膿症) <20>
小児歯科・子供の歯 <134>
妊娠〜出産〜授乳 <36>
歯磨き(プラークコントロール) <102>
舌、粘膜、唇の病気・異常 <41>
アレルギー(過敏症) <30>
麻酔 <45>
薬剤 <59>
レントゲン・CT <45>
歯科恐怖症 <29>
治療費・費用 <129>
医療ミス・裁判・不信感 <285>
詰め物、インレー <160>
クラウン(差し歯・被せ物) <328>
支台築造(歯の土台) <60>
インプラント <176>
ブリッジ <145>
部分入れ歯(部分義歯) <55>
総入れ歯(総義歯) <12>
衛生士・技工士・歯科助手 <86>
専門的な質問 <277>
歯科と全身疾患 <68>
海外 <113>
その他 <723>