ブリッジの部位にX線で影。抗生剤を処方されたが服用に不安が(海外)
lena さん 女性  49歳
2011-02-19 06:39:29
初めて投稿致します。
よろしくお願い致します。

現在、海外滞在中ですが、2年ぐらい前に、日本に一時帰国した際、左上5番を歯根破折により抜歯、その前後の左上4番と6番の歯を合わせてブリッジにしました。

その後、噛み合わせに多少の不具合を感じていましたが、そのまま使用していました。
数ヶ月前から、その辺りに時折、ごく軽い痛みを感じるようになり、昨年の12月に、滞在国の歯科医を受診しました。

パノラマレントゲンにより、そのブリッジにしてある左上6番の歯と、7番の歯の間の、6番よりの歯槽骨の辺り(根尖ではなく、少し脇側)に黒く写る病巣があるのがわかりました。
また、その歯の丁度上方の、上顎洞にも炎症と思われる、白い影が写っています。
これらは、治療を行った2年前には見られませんでした。

診察に当たった歯科医からは、左上6番を抜歯して、インプラント、もしくは、4本のブリッジにすることを勧められました。

海外で使用している私の健康保険が、歯科医療に於ける年間の支払い限度額が決まっており、今年の5月以降にならないと、歯科診療での支払いが全く行われない為、現在は治療は見送っていますが、特に強い痛みや腫れはなく、ただ、時々、軽い痛みが起こる程度です。

診察に当たった歯科医からは、痛みが酷くなった時に服用するように、clindamycin 600mg×3/日 を処方されたのですが、これまでに服用した抗生剤で、アレルギー症状が起こったことがあり、また当該抗生剤は、日本の歯科診療に於いては、あまり使用されていないものの様なので、服用に不安があります。

日本では、このようなケースでは、どのような抗生剤が使用されるでしょうか。
また、抗生剤服用により、治療を延期させることは可能なのでしょうか。

ご教示頂けると幸いです。
歯医者/歯科情報の歯チャンネル運営者の田尾です。

ちょっと割り込みで失礼いたします・・・


王先生のご回答は非常に幅広い知見・視野に基づいた
素晴らしい回答だと個人的には思うのですが、
それがlenaさんにはうまく伝わっていないようで、

このまま終わってしまうのはやるせなさすぎる・・・
と思いますので、少しだけ出しゃばらせて下さい・・・


まず、抗生剤の件についてですが、
これはどうあっても患者さん個人の判断で
服用の量・期間等を決めることは
避けられたほうが良いと思います。


急性胃炎などの副作用のリスクが高いとしても、
飲み続けることのメリットが上回る場合は飲むべきですし、
その判断は患者さんにはできないと思います。


それに、中途半端な知識で適当な飲み方をしてしまうと、
耐性菌等のリスクが増す恐れもあります。

(自己判断で飲む期間を短くする、量を減らす、
種類を変えるなど)


ですので、もしどうしても不安がある場合は、
たとえ手間と時間とお金がかかったとしても
別の医師に意見を求めるべきだと思いますし、
それが患者さんにできる
唯一、最善の方法ではないかと思います。

(海外だと大変だというのは理解していますが、
それだけ日本が医療においては
恵まれているということだと思います)


また、そもそも抗生剤を飲む必要性があるのか?
ということに関しても同様に、
他の先生に意見を求める価値があるかもしれません。


もちろん、「自己責任」という言葉もありますので、
全ての責任をご自身で負う覚悟があるのであれば
どのようにされてもかまわないのですが、

一応医療者の端くれとしては、
医学的に最善の方法を指示できる可能性が一番高い
専門家の意見を重視して頂きたいな〜と思っています。


(ちなみに僕自身はここ20年間、
どんな病気や怪我をしても一切薬を飲んでいません。

痛みは我慢するもの。
薬は死んだり後遺症が残ったりする可能性が
ある時だけ飲むもの…という考えで、
その判断は自分の知識に委ねているからです。

当然、その判断を間違えた時は
全ての責任を自分で負う覚悟があります。

もしそこまでの覚悟があるのであれば、
自己判断も悪くはないかな〜と思いますが、
一般的にはやはり専門家の指示に従ったほうが
間違う可能性はずっと低くなるだろう…と思います)



あと、ここから先が
本当に言いたかったことなのですが・・・


王先生はお仕事・ご家庭のこと、子育てなどで
毎日本当に忙しくされていて、
ほとんど寝る時間が無い日もあることを認識しています。

(僕とのメールのやり取りが
夜中の3時だったり4時だったりすることも
ありましたので・・・)


そんな中、少しでも海外で悩んでいる方のお役に立とうと、
貴重な時間を削って、本当に善意だけで
ご回答をされています。


文章というものは読み手によって
受け取り方が変わるものだと思いますが、まずは、

"そのような中、回答をされている"

ということだけでも、
心に留めておいて頂きたいのです。


lenaさんにとっては心無い回答のように
受け取ってしまわれた部分もあるかと思いますが、
内容は至って正論、かつ情報の質も高いですし、

lenaさんが少し思い違いをされている部分に関しては
きちんと指摘をすることによって、
正しい情報を得て頂きたい…という気持ちと、
伝えるべきことは伝えるという医療者としてのプライドを
僕は回答から強く感じました。



相手の顔が見えない文章だけのやり取りですから、
同じ文章でも受け取り方は人それぞれです。

そして、お互いに人間ですから、
完璧な文章をいつも書くということも不可能です。

だからこそ、相談者と回答者は
お互いにお互いを理解し、
"思いやり" を持って接して頂きたいのです。




>これから先のご回答は、
>日本在住の先生方に限ってお願いできたらと思います。

と書かれた以上、
おそらく王先生はこのスレッドに書かれることは
ないでしょう。


ですが、このまま終わりにしてしまうのは
個人的にどうしてもやり切れませんので、
出しゃばりになってしまいますが書かせて頂きました。


駄文、失礼いたしました。
2011-02-16 14:36:29

この相談の詳細情報
このページは歯チャンネル提供のリンク機能を使用して、原文より一部抜粋したものです。
全ての質問文と回答を見る際は、原文をお読みください。
原文を見る ブリッジの部位にX線で影。抗生剤を処方されたが服用に不安が(海外)
メインカテゴリ 歯の根っこの病気・異常 <95>
薬剤 <59>
ブリッジ <145>
海外 <113>
その他 <727>
サブカテゴリ ブリッジその他 <71>
その他(診断) <37>
抗生剤(抗生物質)・化膿止め <23>
海外その他 <19>
根の病気・異常その他 <9>
       
歯科相談 メインカテゴリ一覧
歯医者さんの探し方 <39>
抜歯(抜けた・抜く予定) <337>
歯の異常・トラブル <209>
歯の痛み <254>
知覚過敏 <6>
虫歯(むし歯) <417>
歯の根っこの病気・異常 <95>
根管治療(神経・根の治療) <390>
歯茎(歯ぐき)の病気・異常 <165>
歯茎(歯ぐき)の痛み <69>
歯周病(歯槽膿漏) <177>
歯列矯正(矯正歯科) <300>
歯並び(歯ならび) <120>
噛み合わせ(咬合) <66>
歯軋り(歯ぎしり) <42>
顎関節症 <52>
審美歯科・美容歯科 <96>
歯のホワイトニング <35>
口臭 <14>
親知らず(親不知) <141>
上顎洞炎(蓄膿症) <20>
小児歯科・子供の歯 <135>
妊娠〜出産〜授乳 <36>
歯磨き(プラークコントロール) <102>
舌、粘膜、唇の病気・異常 <41>
アレルギー(過敏症) <30>
麻酔 <45>
薬剤 <59>
レントゲン・CT <45>
歯科恐怖症 <29>
治療費・費用 <129>
医療ミス・裁判・不信感 <287>
詰め物、インレー <160>
クラウン(差し歯・被せ物) <328>
支台築造(歯の土台) <60>
インプラント <176>
ブリッジ <145>
部分入れ歯(部分義歯) <55>
総入れ歯(総義歯) <12>
衛生士・技工士・歯科助手 <87>
専門的な質問 <278>
歯科と全身疾患 <68>
海外 <113>
その他 <727>