若年性歯周病、どんな専門性の歯科医を探したらいいか?
Yママ さん 女性  30歳
2011-07-29 18:30:36
お忙しいところ、ありがとうございます。
内容は以下の通りです。


−−−−−

始めは、歯周病専門医(開業医)のもとで、若年性歯周病を診断され、悪い状態順に、右上1番⇒左下1番⇒左上6番⇒左下6番・右上下6番です。


そこでは、左下1番のポケットを減少させる外科手術が済、現在右上1番は骨が溶けインプラントが出来ないので、ブリッジに決定。

抜歯』『歯槽堤増大術』『結合組織移植』を済ませ、ブリッジのためのに土台を削り、仮歯を作り歯茎の状態を落ち着かせている最中でした。

そして、左右上下6番はこれからポケットの減少をさせる外科手術をしましょうというところでした。



しかし、手術による歯茎の回復があまり見られなかったことと、金額定時の曖昧さや説明不足に不信感がつのってしまい、セカンドオピニオンを他の医院ですることにしました。


2番目の歯科(クリニックに先生が何人もいるタイプ)は審美歯科とインプラントに力を入れている医院です。
レントゲンを見ての診断で、今後の流れの説明を受けました。

●まず、土台の歯の神経を抜く(歯がしみる事とこれから麻酔を何回もしなければならないのでとの事、その際ファイバーコストコアを入れる)

●土台の歯(左上1番と右上2番)と左上6番の歯は斜めに生えており、噛む度に歯茎の中で動き隣のはに悪い影響を与えるとの事で、1年掛けてまっすぐに矯正
すると、自然に歯茎が下がり、骨も回復するとの事。

●次に前歯は骨が回復するので、インプラントかブリッジを入れる。

●次に左上6番は抜歯しないといけないくらい歯周病が進んでるので、抜歯後インプラントにする。

●左右下6番は歯周病でなく、上の歯に銀歯があることによる噛み合わせの問題なので、詰め物を変える。

●他の歯は右上6番には触れず。

という内容です。



そので、私の疑問・不安は以下の通りです。

●はじめの医師はレントゲンを取ったり、歯周病の検査をしたりと細かく検査した後の診断にもかかわらず、レントゲンしか見ていない2番目の医師のほうが、細かい治療を提示してきました。

これは、医師の知識の差なのでしょうか?
それとも、2番目の医師がやらなくてもいいような治療を提示してきているのでしょうか?



●もし、2番目の医師の診断通り「矯正」「歯周病」「ブリッジ」「インプラント」をするとなると、どれに専門性のある医師を選ぶのが良いのでしょうか?

自分が優先したい順にするべきとは思うのですが、「インプラントは外科手術だから、インプラント専門医を優先したほうが良い」や「若年性の歯周病は特別だから歯周病専門医がいい」とか何か素人には分からない所でアドバイスがあればありがたいです。



●例えば、インプラントは専門医のいるAの医院で、歯周病は専門医のいるBの医院で、ブリッジはきれいに出来るCの医院でと専門性に合わせて医院を選ぶほうが良いでしょうか?

ちなみに、2番目の医院はインプラントに力を入れているようですが、歯周病の研究を大学院でされている先生が担当になり、見た目はお若くプロフィールを見る限りでは、1年診療所の研修後、昨年秋ごろより勤務をされている方なので、インプラントの手術は少し不安に感じております。



もう1軒、病院に行こうと思っています。
長くなりましたが、アドバイスお願いいたします。
歯医者/歯科情報の歯チャンネル運営者の田尾です。

まずは歯周病の治療が最優先だと思います。

歯周病を改善せずに治療を行うことは、火事で火が燃えているところに家を建てるようなものですので、まずは消火活動=歯周病を改善させることが先決でしょう。


インプラントに関しても大きな目で見れば歯周病学がベースとなりますので、特に歯周病に力を入れていそうな医院を見つけて、担当の先生と相談しながら必要に応じて他院を紹介してもらうのがいいのではないかと思います。
2011-07-17 18:30:36

この相談の詳細情報
このページは歯チャンネル提供のリンク機能を使用して、原文より一部抜粋したものです。
全ての質問文と回答を見る際は、原文をお読みください。
原文を見る 若年性歯周病、どんな専門性の歯科医を探したらいいか?
メインカテゴリ 歯医者さんの探し方 <39>
歯周病(歯槽膿漏) <177>
インプラント <176>
ブリッジ <145>
サブカテゴリ インプラント治療法 <90>
ブリッジ治療法 <75>
歯周病(歯槽膿漏)治療 <85>
歯医者さんの探し方・見つけ方 <39>
侵襲性歯周炎(若年性の歯周病) <16>
       
歯科相談 メインカテゴリ一覧
歯医者さんの探し方 <39>
抜歯(抜けた・抜く予定) <337>
歯の異常・トラブル <209>
歯の痛み <254>
知覚過敏 <6>
虫歯(むし歯) <417>
歯の根っこの病気・異常 <95>
根管治療(神経・根の治療) <390>
歯茎(歯ぐき)の病気・異常 <165>
歯茎(歯ぐき)の痛み <69>
歯周病(歯槽膿漏) <177>
歯列矯正(矯正歯科) <300>
歯並び(歯ならび) <120>
噛み合わせ(咬合) <66>
歯軋り(歯ぎしり) <42>
顎関節症 <52>
審美歯科・美容歯科 <96>
歯のホワイトニング <35>
口臭 <14>
親知らず(親不知) <141>
上顎洞炎(蓄膿症) <20>
小児歯科・子供の歯 <135>
妊娠〜出産〜授乳 <36>
歯磨き(プラークコントロール) <102>
舌、粘膜、唇の病気・異常 <41>
アレルギー(過敏症) <30>
麻酔 <45>
薬剤 <59>
レントゲン・CT <45>
歯科恐怖症 <29>
治療費・費用 <129>
医療ミス・裁判・不信感 <286>
詰め物、インレー <160>
クラウン(差し歯・被せ物) <328>
支台築造(歯の土台) <60>
インプラント <176>
ブリッジ <145>
部分入れ歯(部分義歯) <55>
総入れ歯(総義歯) <12>
衛生士・技工士・歯科助手 <86>
専門的な質問 <277>
歯科と全身疾患 <68>
海外 <113>
その他 <725>