肝炎患者の衛生管理 (歯科助手)
イノマタカオリ さん 女性  38歳
2013-07-19 10:25:49
歯科医院助手の仕事をしています。
当院にはドクターは6名ほどいるのですが衛生士がいません。

最近、肝炎の患者様が数名こられ、その衛生管理について悩んでいます。

現状は、ドクターの指示で下記のように対処していますが、ドクターによって考え方も使う薬剤も違うため現場が混乱しています。

意見を取りまとめ、次のように対処しているのですがこれでいいのでしょうか?
また、こういった相談は歯科医師会や保健所などに相談しチェックしていただけるものでしょうか?


1.使い捨てのものはひとまとめにし、医療廃棄物として処理。

2.ユニット・チェアはヒビテンで拭き、雑巾は医療廃棄物。
※マスキンWエタノールに変えたいと思っています。

3.使用した器具等はディスオーパに30分つけ、オートクレーヴできるものは滅菌、その他は流水で片付け。
※できる限り、肝炎用の道具を使用

4.印象は流水ですすいだ後、ほかの印象と混ざらないように別で保管し、石膏をつぐ。

5.うがいをする鉢にはハイターを流す。

いかがでしょうか?
よろしくお願いいたします。
歯医者/歯科情報の歯チャンネル運営者の田尾です。

本来はスタンダードプレコーションと言って、感染症の有無に関わらず、全ての患者さんに同じように対応することが求められます。

患者さんが全員自己申告をするわけではありませんからね。


僕が以前勤務していた医院では相良先生と同じように、普段触れるところはアルミホイル等でグルグル巻きにして、患者さんごとに交換していました。

あとは印象の消毒。
基本セットは個別にラッピング、その他はイノマタさんが書かれた内容とほぼ同じです。


ただ、ほぼ自費専門の医院でしたので、一般的にはここまでしている医院はそう多くはないと思います。

感染対策も突き詰めると際限がありませんので、どの程度までやるべきかということは院内でディスカッションして決める必要があると思います。
2013-07-06 16:14:30

この相談の詳細情報
このページは歯チャンネル提供のリンク機能を使用して、原文より一部抜粋したものです。
全ての質問文と回答を見る際は、原文をお読みください。
原文を見る 肝炎患者の衛生管理 (歯科助手)
メインカテゴリ 衛生士・技工士・歯科助手 <86>
歯科と全身疾患 <68>
その他 <725>
サブカテゴリ 歯科助手関連 <40>
その他(患者関連) <9>
歯科と全身疾患その他 <22>
       
歯科相談 メインカテゴリ一覧
歯医者さんの探し方 <39>
抜歯(抜けた・抜く予定) <337>
歯の異常・トラブル <209>
歯の痛み <254>
知覚過敏 <6>
虫歯(むし歯) <417>
歯の根っこの病気・異常 <95>
根管治療(神経・根の治療) <390>
歯茎(歯ぐき)の病気・異常 <165>
歯茎(歯ぐき)の痛み <69>
歯周病(歯槽膿漏) <177>
歯列矯正(矯正歯科) <300>
歯並び(歯ならび) <120>
噛み合わせ(咬合) <66>
歯軋り(歯ぎしり) <42>
顎関節症 <52>
審美歯科・美容歯科 <96>
歯のホワイトニング <35>
口臭 <14>
親知らず(親不知) <141>
上顎洞炎(蓄膿症) <20>
小児歯科・子供の歯 <135>
妊娠〜出産〜授乳 <36>
歯磨き(プラークコントロール) <102>
舌、粘膜、唇の病気・異常 <41>
アレルギー(過敏症) <30>
麻酔 <45>
薬剤 <59>
レントゲン・CT <45>
歯科恐怖症 <29>
治療費・費用 <129>
医療ミス・裁判・不信感 <286>
詰め物、インレー <160>
クラウン(差し歯・被せ物) <328>
支台築造(歯の土台) <60>
インプラント <176>
ブリッジ <145>
部分入れ歯(部分義歯) <55>
総入れ歯(総義歯) <12>
衛生士・技工士・歯科助手 <86>
専門的な質問 <277>
歯科と全身疾患 <68>
海外 <113>
その他 <725>