歯列矯正治療中に担当医が亡くなった場合、今後の対応や支払いは?
タチ さん 男性  35歳
2013-11-20 06:38:06
こんにちは。

娘が歯科矯正の第1期治療中で、現在はワイヤーを外しリテーナーでの治療を始めて約4カ月が経過しております。

担当医が亡くなったのがリテーナーでの治療を始めて約1ヶ月後で、保定期間が契約書上“約3年”と記載されているので、その殆どの期間の治療が出来なくなりました。

矯正治療費を分割払い(3回)にしていたので、残り1回分まだ未納ですが、リテーナーの管理、調整等の治療をしてもらえない医院に治療費を納めるのは納得がいきません。

私の言い分としては、
 
1.契約書に予想される治療(ワイヤー装着)期間1年、保定(リテーナー)期間3年と書かれている。

2.契約書に治療に使用する装置としてリテーナーも記載されている。

3.契約書の基本料金欄に再診、管理料として項目が設けられている。

4.担当医の体調悪化の為、しばらく(1〜2カ月?)応援の先生が来られ、診察していた期間があるにも関わらず、医院内に『安心して治療をお受けください』という張り紙が掲示されていたこと。

上記4点から亡くなったとはいえ、途中で治療を投げ出されたと考え、今後の治療をしていただけない医院に料金を支払うのは納得出来ないのが現状です。

しかし、医院側としては、

『基本料金として掲げている金額はワイヤー治療までの金額で、保定期間は保険診療となるため含まれていません。
契約書には記載は無いが、契約時に説明しています』

と言っています。

したがって矯正治療費の残金を支払ってくださいと催促がありました。


担当医の調子が悪くなった時点で患者の転院先の手配や、受け入れてくれる医院が有るかどうかなどの段取りをするのが当然ではと思うのです。

しかし、そういった手配は後手後手で、転院するにあたってカルテをまとめていますと言われましたが、カルテが出来たと連絡があったのは担当医が亡くなった約2カ月半後のことでした。

治療して頂いた分に関しては支払うのは当然と考えていますが、転院した場合に本来であれば払う必要のない治療費(例えば転院した場合そちらでの精密検査費用や基本料金の一部など)が発生するのであれば、残りの金額を支払うのはやはり躊躇われます。

これまでの診察のカルテを頂く際に、引き継ぎ先の医院をいくつか教えて下さるらしいのですが、これまでのカルテが無いと引き継ぎの優遇(治療途中なので治療費などをいくらか考慮してもらえる?)が出来ないらしいです。

私としては、

どのぐらいの優遇があるのかは判りませんが、そちらを受診後に支払いたいと言ったところ、

『あなただけ特別扱いはできません。
他の患者さんは皆納得されて支払って頂きました。
支払って頂けないと言うのならカルテは渡せません』

と。

こちらは逃げも隠れもしませんから、転院先の話を先に聞かせて欲しいとお願いしても全く聞き入れてもらえません。

転院先でも保定期間は保険治療として精密検査料や基本料金等は必要無いのであれば、しっかりと引き継ぎしてもらえたのだと納得して残金を支払うことが出来るのですが・・・

私の考えは間違っているのでしょうか?

契約書に記載の無いことでも、言ったと言われればそれまでなのでしょうか?
歯医者/歯科情報の歯チャンネル運営者の田尾です。

おかかりの医院がどのようなシステムで、どのような矯正治療を提供されているのかがわからないので一般的な矯正治療を想定して回答させて頂きます。

場合によっては現在の状況に当てはまらないこともあるかもしれませんので、あくまでも参考程度とされてください。


ご質問を拝見してまず気になったのは、「保定期間は保険診療になる」という部分です。

保定も矯正治療に含まれますので、通常は保険適用とはなりません。

また、保定も矯正に含まれるのが一般的ですので、事前に特別な取り決めがない限りは、保定も含めて矯正治療となります。

そのため、何らかの事情で保定が中断されてしまった場合、矯正治療が完全に提供されたとは言い難いと思います。

今回のように何らかの事情で矯正治療が中断されてしまった場合、一番多いのは知り合いの先生が引き継ぐという方法です。

どうしても引き継ぎができないようなケースでは、治療費の一部返金となる場合もあります。

カルテや引き継ぎの優遇という話はあまり聞きませんが、直接話し合いでの解決が難しそうな場合は、歯科医師会や弁護士さんなど第三者を挟んだほうが良いかと思います。

いずれにしても、せっかく行った矯正が中途半端になってしまうことが一番避けたいことだと思いますので、極力スムーズに話が解決に向かうことを願っております。
2013-11-11 06:38:06

この相談の詳細情報
このページは歯チャンネル提供のリンク機能を使用して、原文より一部抜粋したものです。
全ての質問文と回答を見る際は、原文をお読みください。
原文を見る 歯列矯正治療中に担当医が亡くなった場合、今後の対応や支払いは?
メインカテゴリ 歯列矯正(矯正歯科) <300>
小児歯科・子供の歯 <134>
治療費・費用 <129>
サブカテゴリ 小児矯正(子供の矯正) <27>
歯列矯正のトラブル <82>
治療費・費用 <129>
子供の歯列矯正 <22>
小児歯科の治療費・費用 <1>
       
歯科相談 メインカテゴリ一覧
歯医者さんの探し方 <38>
抜歯(抜けた・抜く予定) <337>
歯の異常・トラブル <209>
歯の痛み <254>
知覚過敏 <6>
虫歯(むし歯) <417>
歯の根っこの病気・異常 <95>
根管治療(神経・根の治療) <390>
歯茎(歯ぐき)の病気・異常 <165>
歯茎(歯ぐき)の痛み <69>
歯周病(歯槽膿漏) <176>
歯列矯正(矯正歯科) <300>
歯並び(歯ならび) <120>
噛み合わせ(咬合) <66>
歯軋り(歯ぎしり) <42>
顎関節症 <52>
審美歯科・美容歯科 <96>
歯のホワイトニング <35>
口臭 <14>
親知らず(親不知) <141>
上顎洞炎(蓄膿症) <20>
小児歯科・子供の歯 <134>
妊娠〜出産〜授乳 <36>
歯磨き(プラークコントロール) <102>
舌、粘膜、唇の病気・異常 <41>
アレルギー(過敏症) <30>
麻酔 <45>
薬剤 <59>
レントゲン・CT <45>
歯科恐怖症 <29>
治療費・費用 <129>
医療ミス・裁判・不信感 <285>
詰め物、インレー <160>
クラウン(差し歯・被せ物) <328>
支台築造(歯の土台) <60>
インプラント <176>
ブリッジ <145>
部分入れ歯(部分義歯) <55>
総入れ歯(総義歯) <12>
衛生士・技工士・歯科助手 <86>
専門的な質問 <277>
歯科と全身疾患 <68>
海外 <113>
その他 <723>