超音波スケーラー(P-MAX)購入の要望書を提出していますが…
hime さん 性別非公開  年齢非公開
2007-07-04 18:02:00
はじめまして。
いつも歯チャンネルを興味深く拝見させて頂いております。

私は歯科医院衛生士をしております。

先日のスタッフミーティングの際に、超音波スケーラーを購入して欲しいと言う要望書と、治療内容の質問を書いた内容文を提出した後の事で相談があるのですが、提出した文も貼り付けていますので、長文で申し訳ございませんが、宜しくお願い致します。

超音波スケーラーについて(1度目は即却下されたので、再提出した時の分です。)


先日提出した要望の返答がありましたが、疑問に思う所がありましたので、再度提出させていただきます。

まず、P−MAXのチップがダイヤモンドチップだから根面を傷つけると言っておられましたが、ペリオモードで作業を行えば、歯面を傷つけることなく、SRPも行えるとパンフレットなどにも記載されていますし、それが可能だと思っております。

それと私が使用したいと思っているチップですが、カッティングエッジは付いていますが、ダイヤモンドチップではありません。

もう一つはBDRチップです。

(1度目却下された理由が、ダイヤモンドチップは根面を傷つける。ハンドのSRP、シャープニングの技術を磨けばいいと言う内容でした。)


根面のポケット内洗浄はシリンジで十分出来ると言っておられましたが、デブライドメントまでは出来ないと思います。

歯周治療を行う上でデブライドメントの重要性については〇〇先生が先日参加されましたセミナーの内容の中にも記載されていましたし、最近の歯周治療について出版されている文献を読んでいても重要視されている事が分かります。先生は今使用している超音波スケーラー(ソルフィー)で、それが十分に行えているとお考えなのでしょうか?

デブライドメントを行うには、ポケット内の機械的洗浄が必要不可欠です。

私は今使用している超音波でデブライドメントを行うにはチップの形態状ポケット低まで到達しにくい為、無理があると思っております。

確かにデブライドメントはハンドスーケラーで行うことも可能ですが、一回のリコールで全歯牙あるいは、数本の歯牙に対して行うにはかなりの時間を要します。


今使用している超音波(ソルフィー)で取りきれないところはハンドでSRPの技術を磨いて、取ってくれたらいいとの事でしたが、SRPやシャープニングの技術の向上はもちろん重要な事だと思いますが、ハンドだと一回で取れる本数も少なく、チェアータイムも長くなります。


プローブ同様の感覚が得られる超音波スケーラーが出現し、手用インスルメントと超音波の比較結果では、炎症は同程度に改善されましたが、チェアータイム根面のダメージでは、超音波スケーラーで行った方が、より少なかったとの報告もされています。

患者さんのストレス術者のストレスの事を考えると、出来る超音波と、手用をうまく使い分ければ良いのではないかと思います。

参考までに別紙に 〇〇 〇〇先生の超音波スケーラーを使用した
インスルメンテーションを用意しておりますので目を通して頂けたら幸いです。

この文献は1988年に歯科衛生士の別印ですので、少し前の物です。

今もこの考え方で実践されているのかは、明日のセミナーで確認したいと思っております。

丁度次の日が上記に記載した先生のセミナーだったので、その先生にも、どうしたら院長に理解してもらえるか?

と相談しましたが、すでに私が要望書に記載してる内容でした。

                  

質問の内容

フラップを開け、肉芽を除去後、対照歯にはルートプレーニングを行うとともにすべてのセメント質をバーで除去しました。実験歯はラバーカップ、ラバーチップで研磨後、歯石のみをキュレットで除去し、フラップを閉じました。

その結果歯肉の状態の改善、PD(プロービングデプス)の減少、およびAL(アタッチメントレベル)の獲得は、対照群と実験群に差が認められませんでした。つまり良好な臨床結果を得る為には、セメント質を研磨すれば十分であるという結果が得られ、歯周組織の治癒を妨害する病原物質はセメント質の表層に緩く付着していると考えられるようになりました。

と記述してある文献を読みました。

そこで質問なのですが、先生はフラップオペをするとき毎回根面をバーで削っておられますが、どのような目的で削っておられるのですか?

露出根面を滑沢にする為ですか?


歯周治療、管理について

歯周外科を行っても、すべての歯石を除去することは非常に困難であることがわかっています。このことは裏を返せば、多少歯石が残っていても、臨床的に受け入れられる歯周組織の治癒が達成できることも示している。

硬く滑沢な歯根表面を作る徹底的なルートプレーニング必要ではないという考え方が主流になっている。

歯肉縁下歯石を取ることが重要ではなく、歯肉縁下の環境のコントロールができれば、臨床的に良好な結果を得ることができる。

歯肉縁下の処置の目的は、プラーク細菌の量あるいは質を、生体反応(炎症)が起こらない範囲内にとどめること、すなわち生物学的に受け入れられる歯肉縁下環境を作り出すことである。



生物学的に受け入れられる.        

?アタッチメントロスを起こさない。  
?BOPがない
?新付着が起こる

生物学的に受け入れられる歯肉縁下環境の達成の為に考慮すべき項目

 歯肉縁上プラークコントロール
 歯肉縁下歯石
 歯根形態
 歯槽骨欠損の形態
 細菌の量および質
 患者のリスク(生活習慣、感受性、全身疾患)  

この考え方についてはどう思われますか?

私はこの考え方には賛成で、あとはDRとDHが上記に記載した通り患者さんの口腔内の環境やセルフケアの状態などを踏まえて生物学的に受け入れられる環境のゴールをどこに持っていくか、よく話し合ったうえで治療を進められたらと思っています。

口頭だとうまく説明出来ないと思い文章にさせていただきました。

また、いつでも良いので出来れば文章で先生の意見を聞かせて頂けたらと思っております。


と、今勤めている医院の院長に要望と質問をしました。

そうしたら、お給料明細書のコメント欄に、

君の要望にはうちの診療室では答えることが出来ない事が多いです。もしかしたらもっと良い条件で君に合った歯科医院が他にあるのではないでしょうか?と一言コメントあるのみでした。

私は答えることが難しいような内容ではないと思っているのですが、コメントの内容を見る限りでは 辞めてくれ!!!と受け取れる内容なので、どうする事も出来ません。

他のスタッフも要望は違いますが、同じ内容のコメントを書かれていた子もいて、みんなそれぞれ不満を抱えているので、冬のボーナス後に全員退社しようか?と言う話も出ています。

私の考え方に問題があるのでしょうか?

先生はどうしても分かって貰えそうにないので、この場合はやはり他の所に行くべきですよね??

私もあまり若くないので、再就職先は見つかるか?

見つかったとしても、年下の子に教えてもらう事になるのでは??と不安はありますが・・・
歯医者/歯科情報の歯チャンネル運営者の田尾です。

himeさん、はじめまして。

「私もあまり若くないので…」と書かれていたのでおいくつなのかな〜と思ったら、僕と同い年なんですね^^;

よく勉強されてますね〜。
僕ももっと頑張らないと…。

論文翻訳については以前、「みんなで論文を翻訳するサイト」を作ろうとしていたのですが、実は翻訳した論文をネット上で公開するのは著作権の問題がいろいろ絡んできてしまうので、ちょっと行き詰まってしまっています…。(翻訳した論文を個人的に利用するのは問題ないのですが…)

これを実現するためにはちょっと大きな組織の協力が必要だと思い、今あるところに打診しているところです。(これは本当に極秘情報なのですが…)

日本の歯医者さんももっとちゃんとした論文の読み方を皆がマスターすれば、全体のレベルももっと高くなって、「日本は30年遅れてる!」なんて言われなくなると思うんですけどね^^;

でもその前に、国民の意識をなんとか変えないと…
そうなると、保険制度をどうにかしないと…(←不可能)

…先は長そうですね(T T)



本題の院長先生とのやり取りに関しては、実は僕も全く同じような経験をしてきているので、非常に共感できます。

それで、僕なりに出した答えは…


1.自分が何をしたいのかはっきりとさせて、決めたら意地でもそれを貫く

2.環境は自分で作る


ということです。

いくら自分にやる気があっても、周囲の環境がそれを許してくれないようであれば空回りでしかありませんし、そのような環境の中ではせっかくのやる気も削がれていってしまいます…。

これについては僕も本当に勉強させられましたが、結局やる気がある人はやる気のある人のグループに入らないとダメなのかなぁ…と思っています。

また、歯科医院の場合にはどうしても「医療」と「経営」の2つが絡んできてしまいますので、医療だけを追求するわけにもいかない…というのが、ほとんどの歯科医院の実情だと思います。

僕は30歳まではこの「環境づくり」の時期だと考えていて、自分の理想を追求するための様々な下準備をしたいと思っています。

そのために勤務していた歯科医院もやめてしまいましたし、今も睡眠時間が総理大臣みたいなことになってしまっていますが、自分で選んだ道ですので全く後悔していません。

でも、やめる時は本当に悩みました…。
期待されているのも凄く感じていましたし、やめて上手くいく保障も無いわけですし…。

でも、やっぱり一度きりの人生ですし、若いうちしかチャレンジは出来ないと思ったので、思い切って自分の信じる道を突っ走ってみようと今に至るわけです。

僕の好きなようにさせてくれた親と、協力をしてくれた周囲の人達、まだ歯チャンネルが小さかった頃からご協力して頂いた渡辺先生やタイヨウ先生、タカタ先生等回答者の方々には本当に感謝していますし、その人達のためにも頑張ろうというのが、今の原動力にもなっています。

himeさんもまだまだ若くてこれからですから、いろいろと悩むことも多いと思いますが、自分の理想を追いかけて欲しいですね。

とある有名人も、「元気があれば何でも出来る!」って言ってましたよ。

なんだかまだ全然の僕なんかが色々偉そうに書いてしまい申し訳ありませんが、勇気とプライドを持って、自分の信じる道を進まれることを期待しています。

※別に、歯科医院を辞めることを勧めているわけじゃありませんからね〜〜
2007-07-05 14:04:00

この相談の詳細情報
このページは歯チャンネル提供のリンク機能を使用して、原文より一部抜粋したものです。
全ての質問文と回答を見る際は、原文をお読みください。
原文を見る 超音波スケーラー(P-MAX)購入の要望書を提出していますが…
メインカテゴリ 歯周病(歯槽膿漏) <177>
衛生士・技工士・歯科助手 <86>
専門的な質問 <277>
サブカテゴリ 歯周病関連 <24>
予防関連 <45>
材料・機材関連 <51>
専門的な質問その他 <67>
衛生士関連 <36>
スケーリング(歯石取り) <28>
       
歯科相談 メインカテゴリ一覧
歯医者さんの探し方 <39>
抜歯(抜けた・抜く予定) <337>
歯の異常・トラブル <209>
歯の痛み <254>
知覚過敏 <6>
虫歯(むし歯) <417>
歯の根っこの病気・異常 <95>
根管治療(神経・根の治療) <390>
歯茎(歯ぐき)の病気・異常 <165>
歯茎(歯ぐき)の痛み <69>
歯周病(歯槽膿漏) <177>
歯列矯正(矯正歯科) <300>
歯並び(歯ならび) <120>
噛み合わせ(咬合) <66>
歯軋り(歯ぎしり) <42>
顎関節症 <52>
審美歯科・美容歯科 <96>
歯のホワイトニング <35>
口臭 <14>
親知らず(親不知) <141>
上顎洞炎(蓄膿症) <20>
小児歯科・子供の歯 <135>
妊娠〜出産〜授乳 <36>
歯磨き(プラークコントロール) <102>
舌、粘膜、唇の病気・異常 <41>
アレルギー(過敏症) <30>
麻酔 <45>
薬剤 <59>
レントゲン・CT <45>
歯科恐怖症 <29>
治療費・費用 <129>
医療ミス・裁判・不信感 <286>
詰め物、インレー <160>
クラウン(差し歯・被せ物) <328>
支台築造(歯の土台) <60>
インプラント <176>
ブリッジ <145>
部分入れ歯(部分義歯) <55>
総入れ歯(総義歯) <12>
衛生士・技工士・歯科助手 <86>
専門的な質問 <277>
歯科と全身疾患 <68>
海外 <113>
その他 <725>