ホワイトニングにおける歯科医師の位置づけについて
TKRD さん 男性  39歳
2015-01-16 13:36:50
宜しくお願い申し上げます。

ホワイトニングサービスを受けようと思っており、色々と調べているうちに

歯科医師が最初に検査→歯科衛生士さんが施術

最初から歯科衛生士さんが施術(歯科医師はそもそもいない)

この二つのパターンがあるように見えますが、のようなパターンは本来成立していいのでしょうか(法的な問題、施術クオリティ的な問題の両方の側面で)

自分の歯だけに、どこにお願いするかは慎重に選びたいと思っています。

是非、アドバイスを頂ければと思います。
歯医者/歯科情報の歯チャンネル運営者の田尾です。

ホワイトニングを行う前に、ホワイトニングを行っても大丈夫かどうかの診断をする必要がありますが、診断は歯科医師しかできませんので、衛生士歯科助手単独でのホワイトニングは問題があります。

衛生士が単独でホワイトニングを行っている場合は、行政指導の対象となります。

ただし、歯科医師の監督のもとで衛生士がホワイトニングを行うことは問題ありません。(歯科助手は歯科医師の監督のもとでもホワイトニングは行えません)

なお、医薬品では無く医薬部外品を用いてホワイトニングを行う場合は、歯科医師がいなくても、歯科助手でも、ホワイトニングを行うことが一応可能です。この場合、ホワイトニングの効果は一般的に医薬品を用いた場合よりも劣ります。
2015-01-10 23:40:25

この相談の詳細情報
このページは歯チャンネル提供のリンク機能を使用して、原文より一部抜粋したものです。
全ての質問文と回答を見る際は、原文をお読みください。
原文を見る ホワイトニングにおける歯科医師の位置づけについて
メインカテゴリ 歯のホワイトニング <35>
その他 <725>
サブカテゴリ ホワイトニングその他 <19>
その他(歯科治療関連) <103>
       
歯科相談 メインカテゴリ一覧
歯医者さんの探し方 <39>
抜歯(抜けた・抜く予定) <337>
歯の異常・トラブル <209>
歯の痛み <254>
知覚過敏 <6>
虫歯(むし歯) <417>
歯の根っこの病気・異常 <95>
根管治療(神経・根の治療) <390>
歯茎(歯ぐき)の病気・異常 <165>
歯茎(歯ぐき)の痛み <69>
歯周病(歯槽膿漏) <177>
歯列矯正(矯正歯科) <300>
歯並び(歯ならび) <120>
噛み合わせ(咬合) <66>
歯軋り(歯ぎしり) <42>
顎関節症 <52>
審美歯科・美容歯科 <96>
歯のホワイトニング <35>
口臭 <14>
親知らず(親不知) <141>
上顎洞炎(蓄膿症) <20>
小児歯科・子供の歯 <135>
妊娠〜出産〜授乳 <36>
歯磨き(プラークコントロール) <102>
舌、粘膜、唇の病気・異常 <41>
アレルギー(過敏症) <30>
麻酔 <45>
薬剤 <59>
レントゲン・CT <45>
歯科恐怖症 <29>
治療費・費用 <129>
医療ミス・裁判・不信感 <286>
詰め物、インレー <160>
クラウン(差し歯・被せ物) <328>
支台築造(歯の土台) <60>
インプラント <176>
ブリッジ <145>
部分入れ歯(部分義歯) <55>
総入れ歯(総義歯) <12>
衛生士・技工士・歯科助手 <86>
専門的な質問 <277>
歯科と全身疾患 <68>
海外 <113>
その他 <725>