ミラクルデンチャーは従来の自費入れ歯より優れている?(第三者より)
茶虎 さん 男性  78歳
2015-01-29 00:09:44
こんばんは。

ミラクルデンチャーは従来の自費入れ歯より優れているのかについて質問させてください。

その前に質問するに至った経緯についてひと通り説明させてください。

長文失礼します。
最後に質問事項があります。

------------------------
■[対象者と症状の具合]

私の父が以下のような症状で治療が必要になっています。

■11/ぐらぐら(中)。抜歯の危険性あり。
■12/虫歯あり。
■13/虫歯あり。
■14/割れてる可能性あり。抜歯の危険性あり。
×15/抜歯済み。
■16/歯槽骨が減り、抜歯の危険性あり。
×17/抜歯済み

■21/ぐらぐら(中)。抜歯の危険性あり。
■22/OK
■23/OK
×24/抜歯済み
■25/ぐらぐら(大)。抜歯の危険性あり。
■26/割れてる可能性あり。深い虫歯あり。ぐらぐら(中)。抜歯の危険性あり。
×27/抜歯済み

■31/OK
■32/OK
■33/OK
×34/抜歯済み
×35/抜歯済み
■36/OK
×37/抜歯済み

■41/OK
■42/OK
■43/OK
■44/割れてるので抜歯適応。
■45/抜歯の危険性あり
×46/抜歯済み
×47/抜歯済み


なにぶん80にも手が届こうかという高齢で、歯周病もあり、大分悪くしています。
近所の歯医者にはかかっていましたが、その場しのぎの治療しかしてもらえず、説明もなくどんどん歯を失っていく一方なので、私に相談をもちかけてきました。

今現在、何軒かの候補の中からしっかりとした歯医者さんを探している最中です。
上記の診断は、かかりつけだった所とは別の歯医者さんによるものです。

それぞれの歯医者さんの診断は結構まちまちです。

かなりの本数を抜歯しなければならないと言う歯医者さんもいれば、おそらく抜歯1本で済むだろうと言う保存学会の専門医もいらっしゃいます。

大体共通しているのは、

「下顎の歯槽骨はしっかりしているが、上顎の歯槽骨がかなり溶けてきている(ただし、骨再生すればインプラントはできる)」

「結構な本数を抜歯しているために、残りの歯に負荷がかかりすぎている。
あと1本抜くと全体が一気に崩壊しかねない」

というものです。

---------------------------

■[治療方針]

本人の希望は、

「なるべく抜かない。
削らない。
たとえ後々悪くなって抜歯する結果になっても、今抜くのではなく、残す努力をやってからにしたい」

「ただし、残すことによるデメリットが大きすぎる場合は抜歯もやむなし」

審美性は気にしない」

というものです。

私はその意思に沿って、父を歯医者まで送り迎えして、地元を中心に先生方と話をしてきました。

皆様、とても真剣に相談にのっていただき、まことに感謝しております。

父と色々話し合いをした結果、インプラントはひとまず置いておいて、虫歯と歯周病を徹底的に治療して、上顎と下顎の損失した歯を補う自費の入れ歯を入れようという結論にいたりました。

これは診察してもらった歯医者さんからも現実的なプランとして認めてもらいました。

---------------------------

■[ミラクルデンチャーのメリット]

父の上下それぞれの入れ歯を、従来通りの自費入れ歯(数十万円するような高級品)にするのか、比較的新しい入れ歯、その中でもミラクルデンチャーにするのか迷っています。

ミラクルデンチャーについては興味をもっており、2年ほど前から少しずつ調査を入れてきました。


それは以下のようなものです。

(a)開発から10年くらい経っている

(b)素材は樹脂で他の入れ歯と変わったところはない

(c)金属床がない

(d)制作テクニックが非常に重要(※開発者談「ミラクルデンチャーはほぼ全てテクニックでできています」)

(e)着脱方向がその歯によって違う

(f)1本の歯でも残っていれば装着可能

(g)咀嚼力は天然歯の10〜30%程

(h)ほとんどの食べ物を噛める

(i)義歯の下に食べ物が入りにくい

(j)自分の歯と錯覚するくらいフィット感がいい

(k)天然歯を削らない

(l)歯自体への負荷を減らす
出し入れが上下ではないため大きな負荷が歯にかからない

(m)支持歯を傷めない
歯の上方に横揺れの力が歯だけに加われば、歯は動き始めるが、それがない
数本の歯の根本に力が分散してくれる
さらに、入れ歯が動かないので、歯の横揺れも減り、好循環が生まれる

(n)動揺歯を逆に固定して保護する
入れ歯と歯と歯肉が一体化し、お互いが支えあって歯を守るので、堅く動揺しない


これが全て本当なら素晴らしい入れ歯だと思いました。
もし、ミラクルデンチャーが従来通りの自費入れ歯より明らかにすぐれている点が少しでもあれば、そちらを選びたい気持ちがあります。

---------------------------

■[ミラクルデンチャーは本当にそんなに素晴らしいのか?]

しかし、本当にミラクルデンチャーにそんなに優れているのかどうかは、実際に治療に使っている歯医者でもない私にはわかりません。

もし、ミラクルデンチャーが性能的に、従来の昔ながらの入れ歯と大差がないのであれば、従来の入れ歯を扱い慣れた補綴に強い先生につくってもらった方が良いのではないかとも思います(基本を重視)。

そこで、実際にそれを扱っている複数の歯医者さんたちに話を伺ったり、実物を見せてもらったりもしました。
説明を受けた限りでは、たしかに支持歯を痛めないことは本当らしいです。

ただ、インターネットで大々的に宣伝して受ける素晴らしい性能のイメージからは、かなり差っ引いた印象を受けることが結構ありました。

---------------------------

■[そして質問]

そして本題の質問です。
できるだけ多くの先生方に思ってることを率直に書いていただきたいです。


普段扱っている入れ歯の種類について教えて下さい。


ミラクルデンチャーに関して先生方の周囲や所属している学会などの評判はどうですか?


ミラクルデンチャーの性能を裏付けする学術的な論文やエビデンスはあるのでしょうか?


学会で取り上げられたり、(たとえば日本補綴歯科学会などの)資格をもった先生方がミラクルデンチャーを扱っている事例をあまり見かけません。

それはどうしてだと思われますか?


私のかかりつけの歯医者さん(父のかかりつけとは違います)は、ミラクルデンチャーのHPの説明を読んだ上で「自費入れ歯でも同じようことはできますよ」と仰いました。

(c)金属床がない

(g)咀嚼力は天然歯の10〜30%程

(h)ほとんどの食べ物を噛める

(i)義歯の下に食べ物が入りにくい

(j)自分の歯と錯覚するくらいフィット感がいい

(k)天然歯を削らない

(l)歯自体への負荷を減らす
出し入れが上下ではないため大きな負荷が歯にかからない

(m)支持歯を傷めない
歯の上方に横揺れの力が歯だけに加われば、歯は動き始めるが、それがない
数本の歯の根本に力が分散してくれる
入れ歯が動かないので、歯の横揺れも減り、さらに、好循環が生まれる

(n)動揺歯を逆に固定して保護する
入れ歯と歯と歯肉が一体化し、お互いが支えあって歯を守るので、堅く動揺しない

以上の性能は、従来通りの自費入れ歯でもできること(性能に大差がない)なのでしょうか?
また、できないものがあれば、それらを教えて下さい。



(※)ここからは実際にミラクルデンチャーを扱っている歯医者さんのみお願いします。

実際にミラクルデンチャーを扱っていて、従来の自費入れ歯にはないメリットを感じてらっしゃいますか?


それは具体的にどんなところですか?


インターネットの宣伝文ではあらゆる歯の状態に適応できると書いてあるのに、実際に会って話を聞くと「できない」と言う歯医者さんがいました。
これは、ミラクルデンチャーの性能としてできないという意味ではなく、テクニックが不足しているその医院ではできなかったと考えればいいのでしょうか?(失礼なので直接は聞けませんでした)


テクニックさえあれば、宣伝文どおり、ほとんどの歯の状態に対応できると思いますか?


「(f)1本の歯でも残っていれば装着可能」については実際に使用している歯医者さんでも疑問視している人がいました。
1本の歯だけで長期にわたって安定使用することは現実的にできると思いますか?


虫歯や歯周病治療とミラクルデンチャー制作をそれぞれ別の歯医者さんでやってもらった場合でも問題ありませんか?


ミラクルデンチャーを扱い慣れていない先生にミラクルデンチャーをつくってもらうのと、従来の入れ歯を扱い慣れた補綴に強い先生に従来の自費入れ歯をつくってもらうのとではどちらがいいと思いますか?


以上です。

長文お読みいただき、まことにありがとうございました。
ご回答よろしくお願い申し上げます。
歯医者/歯科情報の歯チャンネル運営者の田尾です。

入れ歯には大まかにいうと、

・噛むことの回復
・見た目の回復
・他の歯を守る

上記3つの役割があります。

ミラクルデンチャーなどのエステティックデンチャーはその中でも「見た目の回復」に重点を置いた入れ歯です。
その分、「噛むことの回復」「他の歯を守る」ということに関しては通常の入れ歯より劣ります。

特に、「他の歯を守る」という部分が非常に重要なポイントで、元々残っている歯が健康で多少の負担にも耐えられるようであれば、ミラクルデンチャーなどのエステティックデンチャーも有力な選択肢となります。

逆に、残っている歯が弱ってしまっているような場合は、見た目を多少犠牲にしてでも一般的な入れ歯を使ったほうが良いことがあります。

つまり、「どの入れ歯が最適か?」ではなく、「○○さんに最適な入れ歯は何か?」ということになります。

お父様の場合歯周病もおありで、年齢もご高齢だということですので、一般論で考えると通常の入れ歯のほうが向いている可能性が高いのではないかと想像します。

(通常の…といっても、自費の場合は医院によって設計はかなり異なりますので、「義歯の原則に則った」という言い方のほうが良いかもしれません。
この点については水川先生のご回答をご参考にされてください)

あと、ネット上ではもの凄く素晴らしいもののように書かれていることがありますが、もし本当にそのように素晴らしいものであればほとんどの歯科医院が取り扱うようになるはずです。

ですが、実際に取り扱っている医院がそこまで多くないということは、相応の理由があるのだと思います。(個人的には製作が難しいということが理由ではないと思います)


以上、ご参考までに。
2015-01-20 14:20:02

この相談の詳細情報
このページは歯チャンネル提供のリンク機能を使用して、原文より一部抜粋したものです。
全ての質問文と回答を見る際は、原文をお読みください。
原文を見る ミラクルデンチャーは従来の自費入れ歯より優れている?(第三者より)
メインカテゴリ 部分入れ歯(部分義歯) <55>
専門的な質問 <278>
サブカテゴリ 部分入れ歯 その他 <45>
義歯・入れ歯関連 <8>
       
歯科相談 メインカテゴリ一覧
歯医者さんの探し方 <39>
抜歯(抜けた・抜く予定) <337>
歯の異常・トラブル <209>
歯の痛み <254>
知覚過敏 <6>
虫歯(むし歯) <417>
歯の根っこの病気・異常 <95>
根管治療(神経・根の治療) <390>
歯茎(歯ぐき)の病気・異常 <165>
歯茎(歯ぐき)の痛み <69>
歯周病(歯槽膿漏) <177>
歯列矯正(矯正歯科) <300>
歯並び(歯ならび) <120>
噛み合わせ(咬合) <66>
歯軋り(歯ぎしり) <42>
顎関節症 <52>
審美歯科・美容歯科 <96>
歯のホワイトニング <35>
口臭 <14>
親知らず(親不知) <141>
上顎洞炎(蓄膿症) <20>
小児歯科・子供の歯 <135>
妊娠〜出産〜授乳 <36>
歯磨き(プラークコントロール) <102>
舌、粘膜、唇の病気・異常 <41>
アレルギー(過敏症) <30>
麻酔 <45>
薬剤 <59>
レントゲン・CT <45>
歯科恐怖症 <29>
治療費・費用 <129>
医療ミス・裁判・不信感 <286>
詰め物、インレー <160>
クラウン(差し歯・被せ物) <328>
支台築造(歯の土台) <60>
インプラント <176>
ブリッジ <145>
部分入れ歯(部分義歯) <55>
総入れ歯(総義歯) <12>
衛生士・技工士・歯科助手 <86>
専門的な質問 <278>
歯科と全身疾患 <68>
海外 <113>
その他 <726>