重曹うがいは歯周病に効果があるか
KANAMI さん 女性  33歳
2015-04-08 10:33:07
先日歯科に行った時に歯科医が説明してくれたことです。

1・歯石そのものは無害。

問題なのは歯石に、生きてる細菌(プラーク)が新しくつきやすく、歯肉に覆われると石を取り除けないこと”ではなく、石に着いたプラークを取り除けないのが問題。

だから、現実には不可能なことであるけれど、歯石の上にプラークがつかなければ歯石がいくらあっても無害。


2・プラークの活性化は口の中が酸性になるから。

現在は環境問題などで水自体が酸化している。
そこで重曹水でうがいする。
プラークを死滅させることができる。

また、水なので歯周ポケットの深いところにも多少は入って行ける4mmや5ミリだとブラシは届かないがアルカリ水なら多少なりと殺菌が可能

口の中はほどなく唾液に中和され、菌を殺しておける弱アルカリの状態ではなくなるけれど、弱アルカリを中性にするという事は、それだけ唾液が出てきたという事=唾液以下のphにはならず、プラークが活性化はしない。


つまり重曹水うがいによって歯肉の下の菌も多少弱り、それをちゃんと磨いていれば歯周ポケット自体が浅くなるか、最低でも現状維持はできる。

重曹で磨いて虫歯が治る根拠は無いが歯周病については以上の根拠がしっかりと成り立ち、重層うがいが歯周病に効果ありとの研究はいくつか出ている。

(なおその先生は、重曹で、上記したように口の中を中性〜アルカリに保てば虫歯も進行を防げるのは納得いくが、既に着色した歯が、白くなるのは、重曹の研磨力で着色した部分を削っているだけで歯にはよくない考え方でした。

ですので歯磨きフッ素磨き推奨の方でした)




上記の私かうけた説明は、程度の差はあれ歯科医の先生方ならある程度納得のいくものでしょうか?

水だとブラシよりは隙間の中に入ってくのは理解できますし、何度かうがいをすれば濯がれなかった部分というのもできにくいでしょうむらが無くなるのは解ります

結局のところ、普通の水が今だとph5.5くらいで、うがいをしてもプラークの活動を抑えられず、それゆえアルカリ水にという事ですか?

普通の水でのうがいよりは歯周病の悪化抑制に効果がありますか。
歯医者/歯科情報の歯チャンネル運営者の田尾です。

>薬で落とせないというのは外用薬の話であって内服薬は効くはずですが。

歯周病の急性症状を一時的に抑えることはできますが、治療上の効果としてはほんのわずかであると現時点では考えられています。

歯周内科を謳った学会や治療法もありますが、あくまで一部の先生達が提唱しているだけであり、歯科界全体としては容認されていません。


プラークの表面はバイオフィルムというバリアのようなもので守られているので細菌まで薬が届きませんし、バイオフィルムを破壊するような強力な薬を使うと健康な細胞にまでダメージを与えてしまいます。

ただ、炎症がひどい場合には内服薬でその炎症をある程度は抑えられるので患者さんの初期のモチベーションを高めるために利用されている先生もいらっしゃいます。
(最初に劇的に改善させることでやる気を出してもらうということです)

ただ、薬にはリスクもありますし(腹痛や耐性菌など)、薬を飲み続けるわけにもいきませんし、薬を使わずとも適切な治療を行えば歯周病は十分治療可能ですので、薬を使わずに治療を行う先生のほうが一般的です。

同様に、顕微鏡での細菌検査も治療上はほぼ意味がないのですが、こちらも患者さんのモチベーションアップとして活用されている先生はいらっしゃいます。

決して、薬を使ったり顕微鏡を使ったりしているからレベルの高い治療ができるわけではありませんので、その点は誤解されませんようお願いします。

歯周病治療で最も大切なのは患者さんご自身に正しい知識とケアの方法を身に付けて頂くことです。
2015-03-27 00:39:27

この相談の詳細情報
このページは歯チャンネル提供のリンク機能を使用して、原文より一部抜粋したものです。
全ての質問文と回答を見る際は、原文をお読みください。
原文を見る 重曹うがいは歯周病に効果があるか
メインカテゴリ 歯周病(歯槽膿漏) <177>
薬剤 <59>
専門的な質問 <278>
その他 <726>
サブカテゴリ 歯周病その他 <52>
歯周病関連 <24>
その他(その他) <232>
薬剤その他 <22>
       
歯科相談 メインカテゴリ一覧
歯医者さんの探し方 <39>
抜歯(抜けた・抜く予定) <337>
歯の異常・トラブル <209>
歯の痛み <254>
知覚過敏 <6>
虫歯(むし歯) <417>
歯の根っこの病気・異常 <95>
根管治療(神経・根の治療) <390>
歯茎(歯ぐき)の病気・異常 <165>
歯茎(歯ぐき)の痛み <69>
歯周病(歯槽膿漏) <177>
歯列矯正(矯正歯科) <300>
歯並び(歯ならび) <120>
噛み合わせ(咬合) <66>
歯軋り(歯ぎしり) <42>
顎関節症 <52>
審美歯科・美容歯科 <96>
歯のホワイトニング <35>
口臭 <14>
親知らず(親不知) <141>
上顎洞炎(蓄膿症) <20>
小児歯科・子供の歯 <135>
妊娠〜出産〜授乳 <36>
歯磨き(プラークコントロール) <102>
舌、粘膜、唇の病気・異常 <41>
アレルギー(過敏症) <30>
麻酔 <45>
薬剤 <59>
レントゲン・CT <45>
歯科恐怖症 <29>
治療費・費用 <129>
医療ミス・裁判・不信感 <286>
詰め物、インレー <160>
クラウン(差し歯・被せ物) <328>
支台築造(歯の土台) <60>
インプラント <176>
ブリッジ <145>
部分入れ歯(部分義歯) <55>
総入れ歯(総義歯) <12>
衛生士・技工士・歯科助手 <86>
専門的な質問 <278>
歯科と全身疾患 <68>
海外 <113>
その他 <726>