フッ素過大評価反対!
norika さん 性別非公開  年齢非公開
2007-07-19 21:04:00
先生方の激論、アメリカから大変楽しみにいつも観覧させて頂いています!

大変失礼ですが、私はフッ素過大評価反対派として、ヨコからおじゃまさせて下さい。

その反対のいきさつは...

7歳の子供の奥歯外側溝の所に、小さな虫歯の穴(象牙質まですこし届いている可能性あり)を6ヶ月ごとの定期健診で発見、慌てて、高濃度のフッ素リンス(4.4mg/10mg)を買ってきて、綿棒に浸して毎日患部に少量つけていたら、数週間でなんと別の歯にホワイトスポットができてしまいました...。

それに、虫歯の原因は、今考えると、半年前歯医者での定期チェック&PMTC&フッ素コートで安心しすぎ?+好き嫌いによる偏った食事(穀類や糖質の多い食事とミネラル不足)によるものだと思います。

なぜかフッ素だけが...みたいなことが歯を虫歯から守ると歯科の中ではまかりとおっていますが(アメリカのい歯科でもそうです。)、うちの子の場合、フッ素入りの歯磨き粉を使って毎日は磨きをしていましたが、それでも虫歯になっていたのでフッ素はもう信用ないですね。
                   
知れば知るほど疑問がどんどん沸いてくる性分で、図書館でも本を色々借りて読んでいますが、学者や科学者の中にはフッ素添加や過剰なフッ素使用に反対派が多いようです。

理由の一つに、フッ素は自然界の中に多く含まれ、自然と体の中にだいたい必要量入ってくるので必要以上からだの中に取り込むと他の微量成分のバランスを崩しり害になる可能性が高くなるということがあるようです。

例えば、フッ素はマグネシウムに拮抗し、柔軟性に一躍かっているマグネシウムがフッ素を取り込むことにより欠乏するので、骨や歯が硬くなり、質が悪くなって壊れやすくなるとも本には書いてありました。

本の中で、フッ素だけではなく、各種ミネラルやビタミンの必要性や どのように歯に関係しているのか説明してある本を 興味深く読んでいて疑問が沸いたのですが、質問です。

フッ素を使用していても、カルシウムやリンの摂取が少ないとどうなりますか?

(フッ素のことは言われても、カルシウムなどのミネラルの摂取のことはあまり聞きませんので...)

カルシウムが足りないと、カルシウムが最初に溶け出す一部としてアゴの骨があるそうです。
(そして、カルシウムはもっと大事なところに使われる。)

ってことは歯にももろ影響がでますよね?
フッ素どころではないのでは?

それから、カルシウムはストレスなどが働いたり、砂糖の摂り過ぎなどで、体からなくなるといわれますよね?

本を読んでいて、私の子供の虫歯も糖質の摂り過ぎに、ミネラル不足だと感じました。
(もちろん磨き残しの可能性も大いにありますが...)


そこで、小牧先生

>フッ化物の使用はう蝕を発生させる糖質の1日の摂取許容量を大きくするという効果が認められます。

すいません、ちょっと理解に苦しんでいるのですが、フッ素がカルシウム流出を防ぐ???から糖質の摂取量を増やしても大丈夫なのか、又は、ただ単純に、フッ素がエナメル質を丈夫にする、酸度を下げるなど→酸度の高い糖質を多くとっても大丈夫ということですか?

できれば、具体的にフッ素が糖質摂取許容量にどのように関係しているのか教えて頂けませんか?

御忙しいところすいません。
歯医者/歯科情報の歯チャンネル運営者の田尾です。

えーとですね、フッ素を使えば100%虫歯が予防できるというわけではないんです。

最も信頼できる文献(コクラン・オーラルヘルスグループ)では、フッ素による虫歯予防効果は25%程度だと言われています。

それだけ?と思われるかもしれませんが、単独でこれ以上虫歯予防効果の高い方法というのは、今のところ発見されていません。

虫歯の原因には様々なものがありますから、その原因の一つ一つを注意していかないと、何か一つ(例えばフッ素)だけ気を付けたからそれで絶対に大丈夫だというわけではありません。

虫歯予防については、こちらで分かりやすく説明していますので、ご覧下さい。

フッ素使用も大切ですが、それ以上に虫歯の原理を理解することはもっと大切かと思います。

⇒参考:虫歯の予防法


「図書館でも本を色々借りて読んでいますが、学者や科学者の中にはフッ素添加や過剰なフッ素使用に反対派が多いようです」

ということですが、そういう本を選んで借りているということはないですか?

僕も本はもちろん、論文もいろいろ読んでいますが、信頼できる文献では賛成派が圧倒的多数だと思いますが…。


「数週間でなんと別の歯にホワイトスポットが…」

フッ素のおかげ?で初期虫歯で済んだとも考えられますよ?
フッ素を使ってなかったら、穴が開いてたかも…。


「カルシウムやリンの摂取が少ないとどうなりますか?」

これは勘違いされている方も多いのですが、カルシウムの摂取量が少なくても、歯が弱くなることはありません。

歯に大切なのは「血液中のカルシウム」なのですが、これは生命の維持にも直接関わってくるものなので、外部からのカルシウム摂取量が増えようが減ろうが、絶えず約1%をキープしています。

血中のカルシウム量が減りそうになっても、歯からカルシウムは溶け出しません。


まぁいろんな情報がありますし、何を信じるのかは各個人の自由だと思いますので、別にフッ素の利用を強要するようなことはする気はありませんが…。

一応僕はフッ素のメリットとデメリットとじっくりと比べた上で、メリットのほうが絶対に大きい!と思っているので、フッ素の応用を勧めています。

フッ素反対派の先生にも、こうやって質問できる掲示板があればいいんですけどね…。
2007-07-19 21:04:00

この相談の詳細情報
このページは歯チャンネル提供のリンク機能を使用して、原文より一部抜粋したものです。
全ての質問文と回答を見る際は、原文をお読みください。
原文を見る フッ素過大評価反対!
メインカテゴリ 虫歯(むし歯) <417>
専門的な質問 <278>
サブカテゴリ フッ素 <59>
予防関連 <45>
       
歯科相談 メインカテゴリ一覧
歯医者さんの探し方 <39>
抜歯(抜けた・抜く予定) <337>
歯の異常・トラブル <209>
歯の痛み <254>
知覚過敏 <6>
虫歯(むし歯) <417>
歯の根っこの病気・異常 <95>
根管治療(神経・根の治療) <390>
歯茎(歯ぐき)の病気・異常 <165>
歯茎(歯ぐき)の痛み <69>
歯周病(歯槽膿漏) <177>
歯列矯正(矯正歯科) <300>
歯並び(歯ならび) <120>
噛み合わせ(咬合) <66>
歯軋り(歯ぎしり) <42>
顎関節症 <52>
審美歯科・美容歯科 <96>
歯のホワイトニング <35>
口臭 <14>
親知らず(親不知) <141>
上顎洞炎(蓄膿症) <20>
小児歯科・子供の歯 <135>
妊娠〜出産〜授乳 <36>
歯磨き(プラークコントロール) <102>
舌、粘膜、唇の病気・異常 <41>
アレルギー(過敏症) <30>
麻酔 <45>
薬剤 <59>
レントゲン・CT <45>
歯科恐怖症 <29>
治療費・費用 <129>
医療ミス・裁判・不信感 <286>
詰め物、インレー <160>
クラウン(差し歯・被せ物) <328>
支台築造(歯の土台) <60>
インプラント <176>
ブリッジ <145>
部分入れ歯(部分義歯) <55>
総入れ歯(総義歯) <12>
衛生士・技工士・歯科助手 <86>
専門的な質問 <278>
歯科と全身疾患 <68>
海外 <113>
その他 <726>