ドックベストセメントについてどう思われますか?
ホワイトコート さん 男性  28歳
2015-07-26 02:03:59
象牙細管内の細菌についてのあるブログの記事なのですが、

「細菌はふつう人間の目には見えません。
歯科用マイクロを使っても無理です。)」



「仮に細菌が見えたとしてもそれを選別して外科的に取り除く能力は
残念ながら人間にはありません。」



「持続的な殺菌や消毒を行って
化学的に細菌を無害にすることが必ず必要」



「しかし、細菌を殺そうとすると、歯髄も刺激してしまう」



「よって、ドックベストセメントがいい」

といった内容の記事で、結構説得力があるように思えます。


実際、この記事を読んで先生方はどうお感じになられますか?
歯医者/歯科情報の歯チャンネル運営者の田尾です。

(ブログのURLは削除させて頂きました)

通常の歯科治療で用いられている水酸化カルシウムには歯髄が死んでしまうような刺激性はありません。
(強アルカリなので細菌は殺すことができます)

そのため、歯髄が露出してしまった際の直接覆髄等にも使用されています。


また、象牙細管内に侵入した細菌については、細菌によって軟らかくなった歯質軟化象牙質)をしっかりと除去し、封鎖を確実に行えば問題にはならないと考えられています。


ドックベストセメントはもう世に出て10年以上になりますが、本当に良いものであればもっと多くの歯科医院で使われていると思いますし、ドックベストセメントの優位性を示すデータも出てきているはずですが、そのような気配はいまだにありません。

ドックベストセメントを日本に導入された先生とは導入直後に連絡を頂いてお話しさせて頂いたということもあり、その後も注目して見てはいますが、個人的には良いから使っているというよりもマーケティングツールとして利用されているような印象です。


患者さん視点で考えると、従来法よりも効果があるというデータは無く、ドックベストセメントを適用した歯には保険が使えなくなるというデメリットは確実に存在するため、現時点では積極的にお勧めすることはありません。
(信頼している担当医の先生から強く勧められたら、検討をしても良いかとは思います)
2015-06-26 02:03:59

この相談の詳細情報
このページは歯チャンネル提供のリンク機能を使用して、原文より一部抜粋したものです。
全ての質問文と回答を見る際は、原文をお読みください。
原文を見る ドックベストセメントについてどう思われますか?
メインカテゴリ 虫歯(むし歯) <417>
根管治療(神経・根の治療) <390>
専門的な質問 <278>
その他 <727>
サブカテゴリ 3Mix-MP法 <28>
材料・機材関連 <51>
その他(写真あり) <248>
MTA <3>
覆髄・覆罩(覆ずい・覆とう) <6>
       
歯科相談 メインカテゴリ一覧
歯医者さんの探し方 <39>
抜歯(抜けた・抜く予定) <337>
歯の異常・トラブル <209>
歯の痛み <254>
知覚過敏 <6>
虫歯(むし歯) <417>
歯の根っこの病気・異常 <95>
根管治療(神経・根の治療) <390>
歯茎(歯ぐき)の病気・異常 <165>
歯茎(歯ぐき)の痛み <69>
歯周病(歯槽膿漏) <177>
歯列矯正(矯正歯科) <300>
歯並び(歯ならび) <120>
噛み合わせ(咬合) <66>
歯軋り(歯ぎしり) <42>
顎関節症 <52>
審美歯科・美容歯科 <96>
歯のホワイトニング <35>
口臭 <14>
親知らず(親不知) <141>
上顎洞炎(蓄膿症) <20>
小児歯科・子供の歯 <135>
妊娠〜出産〜授乳 <36>
歯磨き(プラークコントロール) <102>
舌、粘膜、唇の病気・異常 <41>
アレルギー(過敏症) <30>
麻酔 <45>
薬剤 <59>
レントゲン・CT <45>
歯科恐怖症 <29>
治療費・費用 <129>
医療ミス・裁判・不信感 <287>
詰め物、インレー <160>
クラウン(差し歯・被せ物) <328>
支台築造(歯の土台) <60>
インプラント <176>
ブリッジ <145>
部分入れ歯(部分義歯) <55>
総入れ歯(総義歯) <12>
衛生士・技工士・歯科助手 <87>
専門的な質問 <278>
歯科と全身疾患 <68>
海外 <113>
その他 <727>