インプラントの10年後の機能性、審美性はどうなんでしょうか?
園子 さん 性別非公開  38歳
2007-08-09 09:49:00
歯チャンネルの先生方お久しぶりです。

前歯6本連結の問題左1,2を持つ。。仕事柄審美と。機能性と予後をとても気にしている。。以前質問していた園子です。

未だに悩んでいて進んでいません。

結局、先週の根管治療専門医のM先生の歯科相談では、再殖をしても歯根吸収の可能性があること。。

予後も色々問題(膿んだりなんだり)を抱えやすいことを考えると。。もう抜歯して左前上1,2抜歯左右123の6本連結のブリッジにしたらどうかとすすめます。

私は自分なりにインプラントをしているところを調べたりしていたのですが。。

先生はインプラント反対で言われたことは。


1.

五年以内に、インプラントの為に膿が出る。歯周病になる確率25%
75% はOK


2.

歯茎は歯につくもので。。歯がないので。。歯茎が着かず。。
ばい菌が入りやすい。

骨とネジの方までばい菌が進入する。。
骨が解け安い。。←常によく磨けていれば、問題ないが。。

骨が沢山解けたら外れる。。


3.

インプラントを外す時は、ネジの入っているところ骨を壊して抜く。
↑膿んで痛いなどの問題があって抜く場合。
↑ポロット取れるまで待てば、骨をあえて壊さなくてもいい。


4.

数年後、ネジが透けて見えてくる。。又は、ネジが見えてくる。


5.

前歯の骨は歯から出来ているから。。(あごの骨とは違う)
自分の口の中の骨でも生物学的には違う物。。

だから、50:50の確立?!(忘れた)で、生物学的に骨を口から移植しても。。種類が違うので殆ど吸収されてしまう。


6.

だから、骨を入れても、歯茎は下がり、黒く透けて見えてくる。又はネジが見え出す。


だそうです。
本当でしょうか?!

「園子さんがまた泣きながら、戻ってくるのが目に浮かぶ!!」とまで言われ。。

個人差があると思いますが。骨が足りなくて、骨を自分の口の中から移植しても吸収されてしまって。数年したらネジが見え出すとか。。

あと、私のように歯根に穴が開いていてそこをセメントで埋めていても歯根吸収しだしていたり。。膿がでているような歯茎の状態(内側のポケット5から7,9mm)では、長期間そのような問題を抱えているような場合、その部位の骨が硬くなって血行が悪くなっていることがあり、インプラントの骨への融合が起こりにくく失敗に陥ることがあり。

又、この硬くなった骨の中に細菌が残っている報告もあり。。
インプラントに感染する可能性があるとか。。

先生曰く、インプラントとは私のこの枯葉のような問題を持つ歯根達が入ってる状態と変わらない。。

世間のインプラントの成功率は残っているというだけ。。
ただ、ある。だけで問題があってもだといいます。

成功率90%とか言っているというのです。。

前歯のインプラントで骨を入れて歯茎が10年間黒ずまなくて、ネジも見えてこない。。歯周炎にもなっていない人(本人のケア、定期健診次第)は何%になるのか?

何%の確立で10年綺麗なままでいるのでしょうか??

あともう1つ。仮にブリッジにした場合。。歯茎が減り出し。。隙間・凹みをなくすため後から歯茎の移植手術をしたとして。。何年もつのでしょうか??

あと。最近知り合いに薦められたのは歯根膜ができる人工歯根というもの。。
どうなんでしょうかね。。

シビアな意見・質問ですが、よろしくお願いします。
歯医者/歯科情報の歯チャンネル運営者の田尾です。

園子さんお久しぶりです。

とりあえず1、2抜歯、治療法はブリッジorインプラントという話で決まりそうなところまでは漕ぎ着けられたのですね。

今回のポイントは、園子さん自身がなるべく審美的な治療を希望されているということと、抜歯するが2本連続しているということかな〜と僕は思っています。

上顎前歯部のインプラント成功率自体は、確かに10年成功率で8割程度はあるのですが、2本連続となるとちょっと話が違ってくると思います。(1本だけならインプラントで良いと思うのですが…)

僕も自分自身が経験しているわけではないのですが、もし骨移植を行ったとしても、インプラントとインプラントの間の骨は非常に出来にくかったはずです。

骨の裏打ちがない部分の歯茎は下がりますから、その骨が出来にくいインプラントとインプラントの間の歯茎が下がって、インプラントのネジが見えてくる可能性は結構高いのではないかと…。

ただ、園子さんの担当医はあのM先生ですから、僕なんかが思いつくことは全て考慮した上でお話をされていると思います。

インプラントにはリスクがあるのも事実ですし、ブリッジにもリスクはあります。
天然の歯でない以上、何らかのリスクを負ってしまうのは仕方がないと思います。

M先生はたぶん常に「失敗した場合」を想定して、よりリスクの少ないほうを選択されているのかなぁ…という気がします。

(上手くいけばインプラントのほうが良いと思いますが、万が一失敗したらインプラントのほうがダメージが大きいので)

とりあえず、1、2番抜歯の際にはほとんどリスクの無いエクストルージョンでなるべく骨を引っ張り上げて、その後インプラントにするかブリッジにするかは、最終的には園子さん自身が自分の責任で決める必要があると思います。

予後に関しては(例えば歯茎が何ミリ下がるのかということなど)、ちょっと分かりません…。

M先生の、「五年以内に、インプラントの為に膿が出る。歯周病になる確率25%」は、僕の知っているデータよりかなり低い成功率ですけど、たぶん様々な条件を加味した上で言われていると思いますので、そんなものなのだと思います。

可能な限り担当の先生としっかりと話し合いをして、極力後悔しないような治療法を探していってくださいね。
2007-08-02 10:48:00

この相談の詳細情報
このページは歯チャンネル提供のリンク機能を使用して、原文より一部抜粋したものです。
全ての質問文と回答を見る際は、原文をお読みください。
原文を見る インプラントの10年後の機能性、審美性はどうなんでしょうか?
メインカテゴリ インプラント <176>
専門的な質問 <278>
サブカテゴリ インプラント治療法 <90>
インプラントその他 <112>
インプラント関連 <13>
       
歯科相談 メインカテゴリ一覧
歯医者さんの探し方 <39>
抜歯(抜けた・抜く予定) <337>
歯の異常・トラブル <209>
歯の痛み <254>
知覚過敏 <6>
虫歯(むし歯) <417>
歯の根っこの病気・異常 <95>
根管治療(神経・根の治療) <390>
歯茎(歯ぐき)の病気・異常 <165>
歯茎(歯ぐき)の痛み <69>
歯周病(歯槽膿漏) <177>
歯列矯正(矯正歯科) <300>
歯並び(歯ならび) <120>
噛み合わせ(咬合) <66>
歯軋り(歯ぎしり) <42>
顎関節症 <52>
審美歯科・美容歯科 <96>
歯のホワイトニング <35>
口臭 <14>
親知らず(親不知) <141>
上顎洞炎(蓄膿症) <20>
小児歯科・子供の歯 <135>
妊娠〜出産〜授乳 <36>
歯磨き(プラークコントロール) <102>
舌、粘膜、唇の病気・異常 <41>
アレルギー(過敏症) <30>
麻酔 <45>
薬剤 <59>
レントゲン・CT <45>
歯科恐怖症 <29>
治療費・費用 <129>
医療ミス・裁判・不信感 <286>
詰め物、インレー <160>
クラウン(差し歯・被せ物) <328>
支台築造(歯の土台) <60>
インプラント <176>
ブリッジ <145>
部分入れ歯(部分義歯) <55>
総入れ歯(総義歯) <12>
衛生士・技工士・歯科助手 <86>
専門的な質問 <278>
歯科と全身疾患 <68>
海外 <113>
その他 <726>