歯列矯正後のかみ合わせ治療に伴う症状について
loko さん 女性  30歳
2017-01-22 11:50:40
15歳から18歳まで歯列矯正リテーナーをつけ続けた後、歩くとすぐ疲れる、頭が回らない等の症状が出ました。


かみ合わせが原因ではないかと考え、別の歯医者を受診し、かみ合わせ治療をしています。
実際は甲状腺が関係しており、その治療後、疲れやすさや頭の調子はややましになりました。


しかし、詰め物をつけて以来、気になる症状が続いていること、また今は何とかしのげるものの、今の歯医者がやめてしまったら困るということで、詰め物をはずすことはできないかご相談させて頂きました。


以下、詳しく説明します。


具体的には、今の歯医者では顎偏移症で、かみ合わせもふつうの人より少し悪くなっていると診断されました(矯正前から歯ぎしりで顎の調子が悪かった可能性があるとのことでした)。


リテーナーを完全に外して下の歯の左右4番〜6番をつなげるようにして白い詰め物を少しつけてかみ合わせを調整し、夜はかみ合わせを調整したマウスピースをつけて顎を保護しています。


詰め物をつけてから、それが関係するかわかりませんが、脳のアレルギーではないかと思うほど頭がもやもやします。


目や、鼻のアレルギーも出やすくなりました。詰め物を付ける前ももやもや、というのはありましたがそれは血流が悪い感じでした。


今はそれとは違う何かがある感じです。
別件で皮膚科のアレルギー薬を飲んでますが、それで少しおさまります。
なお、MRIを2回、CTを1回とっても脳に異常はありませんでした。
今の歯医者の先生はあまり気にしなくてもいいとおっしゃいました。


また、今の歯医者ではわずかによくなったとは思うものの8年経っても顎と歯は不安定なままなうえ、頭も体も良くならず高い費用をとられていました。
ぼったくられてるとすら思えます。
しかし、少なくとも現状維持はできるのです。


なお、顎が不安定なままひざ〜骨盤〜顎の筋肉と骨のバランスをくずすけがをしたせいかわかりませんが、そのときから奥歯だけかみ合って上下の前歯の間に隙間がある状態になってしまいました。
大したけがではないと診断されましたが、治りは遅いです。


そこで信頼している大学病院補綴科を受診してやわらかいマウスピースをほんの1時間つけたところ、顎が日に日によくなっていくようになりました(つけすぎると神経がたってしんどいです)。


顎をCTで撮りましたが、顎が少しつっかかっている状態なだけでした。


しかし、その大学病院のマウスピースでは、なぜか夜の噛みしめからの顎の保護ができないようで(噛み合わせも良い感じに調整してもらってます)夜は今のかみ合わせ治療をしている歯医者のマウスピースをつけています。
大学病院の先生も、それで良いとおっしゃっています。


少し、歯も少しだけ安定してきて頭は冴えだしていますし、体もやや楽になってきましたが、かみ合わせ治療をしている歯医者のマウスピースを一日でも付け忘れると、噛みしめで顎にダメージを感じてしんどくなります。


また、詰め物もかけたりすれば日に日に体調が悪くなっていきます。


今、噛み合わせ治療をしている歯医者がないと非常に困ることになります。
なお、今の歯医者から、紹介できるようなところはないと言われています。

大学病院のマウスピースが使えて、詰め物の治療をしてもらったとしても、予約から1ヶ月後の受診などになるので、体調や仕事への支障が心配でもあります。


今までもいろいろ歯医者をまわってきたりネットでも調べてますが、もはや噛み合わせ治療をうたってるところが少なく困っています。




そこで、以前、歯と歯のつなぎめの詰め物が欠けたとき、すごく楽になったのではずせないかと思ったのですが、大学病院の先生はつけているから楽になっているとおっしゃっていました(今の歯医者では外したいと言ったら怒られました)。


その病院内で矯正科に相談したら、ボルトを顎の骨にさしてその力を使った矯正治療を提案され、とても怖くて踏み切れないと思いました。


通常、リテーナーを外したら自然にあるべきところへ歯が噛み合っていくと思うのですが、私の歯も噛み合わないのだろうか?と思ってしまいます。

実際、今詰め物をつけている部分の奥歯はけっこう噛み合ってきていますし、今噛み合わせ治療している歯医者の先生も良くなってるとおっしゃっていました。


歯が自然に、健康に問題ない程度に噛み合ってくれるなら、変な頭のもやもやもなく、今ほどマウスピースや詰め物に頼らずともいけるのではないだろうか?と思ってしまいますがその可能性はないでしょうか?

今のようになるまではマウスピースなしで平気で元気でした。


また、なぜ大学病院のマウスピースでは顎にダメージなのかがわからず悩んでいるので、詰め物があるから余計に力がかかる?など、思い当ることを教えて頂ければありがたいです。


今使用しているマウスピースは、触った感じは固いのですが、咬合紙を見せてもらうと咬んだところが点、点・・・という感じで歯がマウスピースにあたる面積が小さいようです。
だから顎が保護されるのかな・・・?と考えてますが・・・(先生に聞いてみようとは思ってますが)

詰め物を安易に外すことはしませんが、ここでのご回答をあくまで参考にさせて頂きたいと思っています。
頭の冴えが悪いため少しわかりづらい文章になってるかもしれませんがどうかご容赦願います。
よろしくお願いいたします。
歯医者/歯科情報の歯チャンネル運営者の田尾です。

lokoさんご自身が効果があると感じられているようなのであまり言及したくはないのですが、一つの意見として参考にして頂けますと幸いです。

通常、かみ合わせと頭のモヤモヤやアレルギーなどは関係がありません。

かみ合わせ治療を行っても全身の不具合等の改善は期待できないことがわかっているので、普通の歯科医師は行っていません。
一部かみ合わせ治療に特化した医院もあるにはありますが、通院するのはかなりリスクが高い医院が多いという印象も個人的には持っています。

現在lokoさんが不調になられているというのはご自身の感覚ですので間違いありませんが、それがかみ合わせの影響なのかどうかという点については個人的には大いに疑問です。

ただ、かみ合わせのことを四六時中考えていることによって顎の筋肉が緊張・疲労し、それが疲れやモヤモヤの原因の一つになっているという可能性は十分に考えられるかと思います。

かみ合わせに関連する治療をもし行うのであれば、歯を削ったり矯正をしたりするなど後戻りの出来ない治療は極力避けて、後戻りのできる方法から試すというのが鉄則ですので、自分ならまずはTCHの確認から行うかと思います

参考:TCH、歯列接触癖


2016-12-04 22:05:12

この相談の詳細情報
このページは歯チャンネル提供のリンク機能を使用して、原文より一部抜粋したものです。
全ての質問文と回答を見る際は、原文をお読みください。
原文を見る 歯列矯正後のかみ合わせ治療に伴う症状について
メインカテゴリ 噛み合わせ(咬合) <66>
歯科と全身疾患 <68>
サブカテゴリ 噛み合わせに関するトラブル <34>
歯科と全身疾患その他 <22>
       
歯科相談 メインカテゴリ一覧
歯医者さんの探し方 <38>
抜歯(抜けた・抜く予定) <337>
歯の異常・トラブル <209>
歯の痛み <254>
知覚過敏 <6>
虫歯(むし歯) <417>
歯の根っこの病気・異常 <95>
根管治療(神経・根の治療) <390>
歯茎(歯ぐき)の病気・異常 <165>
歯茎(歯ぐき)の痛み <69>
歯周病(歯槽膿漏) <176>
歯列矯正(矯正歯科) <300>
歯並び(歯ならび) <120>
噛み合わせ(咬合) <66>
歯軋り(歯ぎしり) <42>
顎関節症 <52>
審美歯科・美容歯科 <96>
歯のホワイトニング <35>
口臭 <14>
親知らず(親不知) <141>
上顎洞炎(蓄膿症) <20>
小児歯科・子供の歯 <134>
妊娠〜出産〜授乳 <36>
歯磨き(プラークコントロール) <102>
舌、粘膜、唇の病気・異常 <41>
アレルギー(過敏症) <30>
麻酔 <45>
薬剤 <59>
レントゲン・CT <45>
歯科恐怖症 <29>
治療費・費用 <129>
医療ミス・裁判・不信感 <285>
詰め物、インレー <160>
クラウン(差し歯・被せ物) <328>
支台築造(歯の土台) <60>
インプラント <176>
ブリッジ <145>
部分入れ歯(部分義歯) <55>
総入れ歯(総義歯) <12>
衛生士・技工士・歯科助手 <86>
専門的な質問 <277>
歯科と全身疾患 <68>
海外 <113>
その他 <723>