原因が判らず悪化していく歯の痛み(第三者より)
山の幸 さん 女性  31歳
2017-03-27 12:11:37
65歳になる母についての相談です。

母は5年ほど前に歯の矯正を行いましたが、痛みに耐えられなかったようで、途中で外してもらったようです。

その後も痛みがおさまらず、近所中の歯科を受診しましたが、歯に異常はないと言われ続けました。
それでも痛みを訴えて、歯を数本神経ごと抜いたりもしています。

大学病院の歯科でも問題ないと言われ、またペインクリニックを受診しましたが症状はまったくよくなりません。
この歯の痛みをきっかけに、持病の鬱も悪化していきました。


インターネットで非歯原性歯痛を知り、半年前、都内の大学病院の歯科心身外来を受診しました。
そちらでも非定型歯痛と診断され、治療として抗うつ薬(トリプタノール)を処方するために、また、もともとの鬱病のコントロールも必要ということで、同病院の精神科に通うことになりました。

しかし、精神科の先生は困っていない睡眠剤の調整ばかりで、トリプタノールは25?のまま変化ありません。
その後もいっこうに非定型歯痛の歯の痛みについては触れてくれず、

「痛みは気のせい」

と言ってみたり、

うつ病に対する電気治療で歯の痛みがよくなる」

と言ってみたり、うつ病からくる痛みだと考えているようです。


母は自分を治せる医者はいないから、もう死にたいと言い、外出もできなくなりました。
向精神薬のせいで唾液も出なくなり、飴をなめていないと話すこともままならなくなっています。

なんとか、精神科までは1か月に1回通って薬をもらっていましたが、痛みもうつの症状も悪化する一方です。

最近では、歯の痛みが増し、眠れなくなってきているようで、痛いことを理由に外出できずに予約日に受診することすらできなくなってきました。

それと同時にどうしても歯が痛い母は、近所の歯科でかみ合わせの治療を行ったようで、その病院の歯科医師に歯の痛みを伝えたところ、矯正で歯の骨が溶けたために痛みが生じていて、もう治らないと言われたそうです。
さらにかみ合わせの治療後にまた疼痛が悪化しています。


自分を治せる医者はいないと思っている母は、この治らないということばを信じるようになり、もう治らないなら死にたい、とベッドで寝たきりになってしまいました

?非歯原性歯痛 
?うつ病からくる歯の痛み 
?骨が溶けている

今は3つの見解があるように思いますが、鬱と痛みで外出が困難な母を、新しい病院に連れ出すのも難しく、今後どのように治療をすすめていっていいかわかりません。


非歯原性歯痛の症状や経緯が一番あっているとは思うのですが、医科歯科大学でもきちんと診てもらえていないので、どこの病院にいけばいいかわかりません。

鬱の症状は確かに悪化していますが、本人ははっきりと歯が痛いために鬱も治らないと申しており、家族としても鬱からくる疼痛だけとは考えにくいと思っています。

本当に歯の骨が溶けていたいのでしょうか。
だとしたら、歯を抜いてしまえば解決するような気もするのですが、、ちなみにペインクリニックの星状神経ブロック、リリカ、トラムセット、ボルタレン、どれも無効です。


今後、母が向かう方向としてアドバイスをいただけたら幸いです。
歯医者/歯科情報の歯チャンネル運営者の田尾です。

>本当に歯の骨が溶けていたいのでしょうか。
>だとしたら、歯を抜いてしまえば解決するような気もするのですが。

骨が溶けていても感染が起きていなければ、通常痛みは出ません。
また、もし感染が起きていれば複数の歯科医師が見逃すことは考えにくいです。

歯の状態についてはきちんと検査を行うことで客観的に判断できますので、客観的に問題は無いと判断された歯は、極力抜くのは避けた方が良いと思います。
(抜いても症状が改善されない可能性が高いため)


骨についてはCTを撮れば一般の方でもビジュアルで理解できると思いますので、まずは歯と骨の状態をきちんと検査して、それをご家族皆さんが理解するというところから始められても良いかと思います。

また、痛みがある部位に麻酔をしてみて、痛みが無くなるかどうかを検査するという方法もあります。
麻酔をしても痛みが変わらなければ、歯以外が原因である可能性が高くなります。


歯に問題が無かった場合、うつ病を患われているということなのでそちらが原因になっている可能性もありますし、神経が障害されることによる痛み(神経障害性疼痛:帯状疱疹やヘルペス等、様々な原因があります)の可能性もあります。
また、これらが複合していることも珍しくありません。

これらの対応は一般的にはペインクリニックになります。


以上まとめると、もし自分だったらこのような順番で考えるかと思います。


1.歯の状態をきちんと確認する(CTを撮れば一般の方でも確認しやすくなるので検討)

2.痛みを軽減させることを主目的として、ペインクリニックを受診
カウンセリングをしっかりと行ってくれる所がいいと思います)

3.精神科を受診
(鬱は治るまで時間がかかることが多いので、じっくりと取り組む)


当然、歯に異常があればそちらの治療が優先になりますし、お母様の状態等によっても対応は変わってくるかと思います。

ただ、ある程度筋道を立てて考えた方が行動もしやすいかと思いますので、よろしければ今後の参考にされてみてください。
2017-02-20 19:49:25

この相談の詳細情報
このページは歯チャンネル提供のリンク機能を使用して、原文より一部抜粋したものです。
全ての質問文と回答を見る際は、原文をお読みください。
原文を見る 原因が判らず悪化していく歯の痛み(第三者より)
メインカテゴリ 歯の痛み <254>
歯科と全身疾患 <68>
サブカテゴリ 原因不明の歯の痛み <63>
鬱病(うつ病)、精神不安定 <5>
       
歯科相談 メインカテゴリ一覧
歯医者さんの探し方 <39>
抜歯(抜けた・抜く予定) <337>
歯の異常・トラブル <209>
歯の痛み <254>
知覚過敏 <6>
虫歯(むし歯) <417>
歯の根っこの病気・異常 <95>
根管治療(神経・根の治療) <390>
歯茎(歯ぐき)の病気・異常 <165>
歯茎(歯ぐき)の痛み <69>
歯周病(歯槽膿漏) <177>
歯列矯正(矯正歯科) <300>
歯並び(歯ならび) <120>
噛み合わせ(咬合) <66>
歯軋り(歯ぎしり) <42>
顎関節症 <52>
審美歯科・美容歯科 <96>
歯のホワイトニング <35>
口臭 <14>
親知らず(親不知) <141>
上顎洞炎(蓄膿症) <20>
小児歯科・子供の歯 <135>
妊娠〜出産〜授乳 <36>
歯磨き(プラークコントロール) <102>
舌、粘膜、唇の病気・異常 <41>
アレルギー(過敏症) <30>
麻酔 <45>
薬剤 <59>
レントゲン・CT <45>
歯科恐怖症 <29>
治療費・費用 <129>
医療ミス・裁判・不信感 <286>
詰め物、インレー <160>
クラウン(差し歯・被せ物) <328>
支台築造(歯の土台) <60>
インプラント <176>
ブリッジ <145>
部分入れ歯(部分義歯) <55>
総入れ歯(総義歯) <12>
衛生士・技工士・歯科助手 <86>
専門的な質問 <278>
歯科と全身疾患 <68>
海外 <113>
その他 <726>