根に病気のある上6番を放置していると、鼻や呼吸の病気になることもある?
あかね さん 性別非公開  年齢非公開
2007-08-30 22:00:00
10歳の頃左上6番がひどい虫歯になり、銀歯にしていたのですが、それから数年置きに歯茎の腫れや痛みがありました。

今回(現在23歳)また、痛みはないが歯茎が腫れたため、歯科に行きました。

何回も通い根っこの膿を出す作業をしてもらったのですが、なかなか治りそうになく、抜くことを勧められました。

抜かずにかぶせものをしてもまた何年か後に再発すると言われました。
歯茎が高いので雑菌が入りやすいとかなんとか・・・

でも今回は歯茎の腫れによる痛みもないので、とりあえずかぶせものをして駄目になるまで・・・と考えていたのですが、違う先生にあたったときに、痛くないからってほっておくと、ほっぺたの空洞の下にある膜(なんという名前かは覚えられませんでした)に影響を与えて、鼻や呼吸の病気などにもかかわってくると言われました。

そういう話は初めて聞くんですが、実際あることなんでしょうか。

もう一つ、抜いた方がよさそうだことは分かるんですが、抜いたあと、ブリッジにするか、インプラントにするか悩んでいます。

それぞれのメリット・デメリットは今までの回答をよく読ませてもらいました。

ですからどちらにも踏み切れそうにないんですが、まずブリッジにして、駄目になったらインプラントという方法は無理なんでしょうか。
歯医者/歯科情報の歯チャンネル運営者の田尾です。

荒木先生が非常に詳しくご回答されているのでもう蛇足のようなものなのですが、もし健康な親知らずがあれば、まずは移植を試してみるというのも良いかもしれません。

⇒参考:歯牙移植


移植が無理なら、年齢もお若いので何とかしてインプラントを…と思ってしまいますが、治療期間・治療費などの問題もありますので、やはり最終的にはあかねさんにとってどの治療法が最も納得できるものなのか?ということを十分考えた上で決められるべきだと思います。

それと、根っこの膿を出す作業が上手くいかなかった上6番をそのままにしておくと、上顎洞炎という病気になることがあります。
2007-08-20 14:33:00

この相談の詳細情報
このページは歯チャンネル提供のリンク機能を使用して、原文より一部抜粋したものです。
全ての質問文と回答を見る際は、原文をお読みください。
原文を見る 根に病気のある上6番を放置していると、鼻や呼吸の病気になることもある?
メインカテゴリ 抜歯(抜けた・抜く予定) <337>
歯の根っこの病気・異常 <95>
根管治療(神経・根の治療) <390>
上顎洞炎(蓄膿症) <20>
サブカテゴリ 虫歯、根の病気で抜けた・抜く予定 <39>
抜歯:6番(第一大臼歯) <48>
根管治療その他 <116>
上顎洞炎(蓄膿症) <20>
根の病気(根尖病変・根尖病巣) <44>
       
歯科相談 メインカテゴリ一覧
歯医者さんの探し方 <39>
抜歯(抜けた・抜く予定) <337>
歯の異常・トラブル <209>
歯の痛み <254>
知覚過敏 <6>
虫歯(むし歯) <417>
歯の根っこの病気・異常 <95>
根管治療(神経・根の治療) <390>
歯茎(歯ぐき)の病気・異常 <165>
歯茎(歯ぐき)の痛み <69>
歯周病(歯槽膿漏) <177>
歯列矯正(矯正歯科) <300>
歯並び(歯ならび) <120>
噛み合わせ(咬合) <66>
歯軋り(歯ぎしり) <42>
顎関節症 <52>
審美歯科・美容歯科 <96>
歯のホワイトニング <35>
口臭 <14>
親知らず(親不知) <141>
上顎洞炎(蓄膿症) <20>
小児歯科・子供の歯 <135>
妊娠〜出産〜授乳 <36>
歯磨き(プラークコントロール) <102>
舌、粘膜、唇の病気・異常 <41>
アレルギー(過敏症) <30>
麻酔 <45>
薬剤 <59>
レントゲン・CT <45>
歯科恐怖症 <29>
治療費・費用 <129>
医療ミス・裁判・不信感 <286>
詰め物、インレー <160>
クラウン(差し歯・被せ物) <328>
支台築造(歯の土台) <60>
インプラント <176>
ブリッジ <145>
部分入れ歯(部分義歯) <55>
総入れ歯(総義歯) <12>
衛生士・技工士・歯科助手 <86>
専門的な質問 <278>
歯科と全身疾患 <68>
海外 <113>
その他 <726>