再根管治療して激痛。その後の治療でMTAセメントを使用する意味は?
qasada22 さん 女性  53歳
2017-08-06 22:51:16
こんにちは。
左下5番の再根管治療を受けています。

左下5番の歯は10年くらい前に根管治療をしたものでしたが、レントゲンに黒い影が映った事と、歯茎が少しだけ疼いた為に再根管治療をしてもらう事にした歯です。

セラミックのクラウンを外し、普通の治療をしていただけたと思っていました。
1日目の治療直後は痛みは無かったのですが、その日の夜から少しずつ痛みが出てきて酷くなり、1日経った頃には激痛で、歯茎、顎から頬にかけて腫れて、右の顔だけまるでポパイのような顔になりました。

最初はロキソニンも効かず、眠れず、我慢、、我慢、、して
2日後に同じ歯科医院で診て貰いました。

最初に根管に入れられていた消毒薬はホルマリン系の物でしたが、2度目の治療の時にもう少し弱い消毒薬に変えましたと歯科衛生士さんに説明されました。

そのおかげか痛みそのものはロキソニンを飲まなくても耐えられるものに変化していきました。
しかし、腫れは完全には引きません。

その4日後、再び治療をしていただきましたが、治療中に先生が
MTAを用意して!とスタッフの人に声を掛けたのです。

MTAって?歯チャンネルでもよく見かける単語のMTAセメントのこと?と思いましたが、保険診療で根管治療中の私になぜそれを使うのだろうか?と不思議に思いました。

治療後は特に先生からの説明もなかったので、今でもその用途が分かりません。
これは想像てすが、根の中に穴が開いちゃってMTAセメントで埋めたという可能性はありますか?

もし穴が開いていた事に気づかずにホルマリン系の消毒薬を入れられていたとすると、その穴から漏れたり、どんな影響がありますか?

夜もよく眠れないほどの痛みでしたが、3回目の治療の後は痛みは落ち着いています。
ただ、顎や頬は『いー』という口の形にすると、再根管治療をした歯の場所の歯茎から頬肉にかけて、引き攣れるように腫れているような違和感がまだあります。

これは治療をしている間に徐々に消えていくものでしょうか?
ずっと残ってしまうという事は無いでしょうか?

マイクロスコープも使って、良い治療もして下さる先生なので、信頼はしていますが、今の状態の詳しい説明が頂けなかったので不安になりこちらの先生方のご意見を頂きたくご相談させていただきました。

よろしくお願いいたします。
歯医者/歯科情報の歯チャンネル運営者の田尾です。

実際に拝見をしていないので想像になりますが、根の治療中に歯に穴が開いてしまい、その修復のためにMTAを使った可能性が高いように思います。
パーフォレーションリペア

MTAをパーフォレーションリペア目的で使用する際には保険外で使うのがルールですが、保険外となるとその後の被せもの等にも保険が使えなくなり、患者さんの金銭的負担がかなり大きくなります。

本来はきちんと患者さんに状況を説明して、同意が得られた場合に保険外でMTAを使用するべきですが、ルールが守られていない可能性はあるかもしれません。

保険でマイクロスコープを使われているということですし、少しでも患者さんの負担なく良い治療を行おうとした結果ルール違反を犯している可能性もあります。
それを良しとするかどうかは賛否あるかもしれません。
(個人的には自分勝手で周囲のことを考えていない卑怯なやり方だと思うので好きではありませんが)

実際に拝見をしていないので全くの見当違いかもしれませんが、可能性としてはこのようなことが考えられるのではないかと思いました。

予後については治療が適切に行われていれば症状が消えていくでしょうし、そうでなければ痛みや違和感が残ったり、歯茎から膿が出るようになったりすると思います。
2017-07-26 22:51:16

この相談の詳細情報
このページは歯チャンネル提供のリンク機能を使用して、原文より一部抜粋したものです。
全ての質問文と回答を見る際は、原文をお読みください。
原文を見る 再根管治療して激痛。その後の治療でMTAセメントを使用する意味は?
メインカテゴリ 根管治療(神経・根の治療) <390>
サブカテゴリ 根管治療の治療法 <133>
MTA <3>
       
歯科相談 メインカテゴリ一覧
歯医者さんの探し方 <39>
抜歯(抜けた・抜く予定) <337>
歯の異常・トラブル <209>
歯の痛み <254>
知覚過敏 <6>
虫歯(むし歯) <417>
歯の根っこの病気・異常 <95>
根管治療(神経・根の治療) <390>
歯茎(歯ぐき)の病気・異常 <165>
歯茎(歯ぐき)の痛み <69>
歯周病(歯槽膿漏) <177>
歯列矯正(矯正歯科) <300>
歯並び(歯ならび) <120>
噛み合わせ(咬合) <66>
歯軋り(歯ぎしり) <42>
顎関節症 <52>
審美歯科・美容歯科 <96>
歯のホワイトニング <35>
口臭 <14>
親知らず(親不知) <141>
上顎洞炎(蓄膿症) <20>
小児歯科・子供の歯 <135>
妊娠〜出産〜授乳 <36>
歯磨き(プラークコントロール) <102>
舌、粘膜、唇の病気・異常 <41>
アレルギー(過敏症) <30>
麻酔 <45>
薬剤 <59>
レントゲン・CT <45>
歯科恐怖症 <29>
治療費・費用 <129>
医療ミス・裁判・不信感 <286>
詰め物、インレー <160>
クラウン(差し歯・被せ物) <328>
支台築造(歯の土台) <60>
インプラント <176>
ブリッジ <145>
部分入れ歯(部分義歯) <55>
総入れ歯(総義歯) <12>
衛生士・技工士・歯科助手 <86>
専門的な質問 <278>
歯科と全身疾患 <68>
海外 <113>
その他 <726>