歯の神経を抜くときに静脈内鎮静法が効かなかった
nana-oo さん 女性  43歳
2017-09-07 22:58:35
神経を抜く際、静脈内鎮静法をしてもらったんですが、私には全く効きませんでした。

ぼんやりするどころか、何もしてないようにずーっと意識ははっきりしたまま。
静脈内鎮静法をした場合、しばらく横になり、休んで帰らなければならないと説明されていましたが、点滴終わったら立ちくらみなんかも全くなく、すぐに帰れました。

麻酔もきいてなかったみたいで、とっさに顔を横に向けてしまうほど痛くて、その様子を見て麻酔を足されたみたいですが…。(事前に、『以前も麻酔が効きにくかったことがある』と伝えてありました)

点滴が終わるまで側にいてくださった歯科衛生士さん(?)の話によると、その歯科衛生士さんがそこの病院にうつってきてから今までに、何人も静脈内鎮静法を使って治療を受けた方はいるそうですが、ほとんどの方が、私のように意識がはっきりしてましたとおっしゃっていました。

事前にネットなどで調べたり、胃カメラなどをした周りの人に聞くと、

『ぼーっとなって、目が覚めたら終わってたって感じだった。
最中のことはあんまり覚えてない』

と言う意見がほとんどだったんですが、私も含め、その歯医者で静脈内鎮静法をやってもらう人が、たまたまきかなかっただけってことでしょうか?

麻酔が効きにくいから静脈内鎮静法をやっても何も変わらなかったんでしょうか?

歯科医の方が点滴の針を刺したりしてる時に

「静脈内鎮静法は、ぼんやりして覚えてないって人と、効かなくて意識がはっきりしたままっていう人といます」

とおっしゃってはいたんですが…。

歯科医の方は、治療が終わるとすぐに次の患者さんのところへ行かれて、治療がどうだったとか、ちゃんと神経を抜けたなどの説明は全くありませんでしたので、静脈内鎮静法が効かなかった理由を聞くことも出来ず…。

今の歯の治療が終わったら、静脈内鎮静法を利用して真横に生えてる親知らずも抜いてもらうつもりでいたんですが、静脈内鎮静法が効かないなら抜く自信がありません。

静脈内鎮静法が効かない体質なら、ほかの病院でやってもらったとしてもまた今回と同じ結果になりますよね?
歯医者/歯科情報の歯チャンネル運営者の田尾です。

金田先生もお書きになられているように、麻酔を深くするとそれだけ呼吸抑制等のリスクが高くなります。

麻酔医等がしっかりとモニタリングしていれば、それでも特に問題は無いケースが多いのですが、そこまでしっかりとした体制が無い場合は、リスクを避けるために深い麻酔を行うことは出来ません。

個人差は確かにありますが、おそらくは単純に麻酔深度の問題だったのではないかと思います。
2017-09-02 00:09:55

この相談の詳細情報
このページは歯チャンネル提供のリンク機能を使用して、原文より一部抜粋したものです。
全ての質問文と回答を見る際は、原文をお読みください。
原文を見る 歯の神経を抜くときに静脈内鎮静法が効かなかった
メインカテゴリ 根管治療(神経・根の治療) <390>
麻酔 <45>
サブカテゴリ 根管治療に関するトラブル <70>
麻酔が効かない・効きにくい <8>
       
歯科相談 メインカテゴリ一覧
歯医者さんの探し方 <39>
抜歯(抜けた・抜く予定) <337>
歯の異常・トラブル <209>
歯の痛み <254>
知覚過敏 <6>
虫歯(むし歯) <417>
歯の根っこの病気・異常 <95>
根管治療(神経・根の治療) <390>
歯茎(歯ぐき)の病気・異常 <165>
歯茎(歯ぐき)の痛み <69>
歯周病(歯槽膿漏) <177>
歯列矯正(矯正歯科) <300>
歯並び(歯ならび) <120>
噛み合わせ(咬合) <66>
歯軋り(歯ぎしり) <42>
顎関節症 <52>
審美歯科・美容歯科 <96>
歯のホワイトニング <35>
口臭 <14>
親知らず(親不知) <141>
上顎洞炎(蓄膿症) <20>
小児歯科・子供の歯 <135>
妊娠〜出産〜授乳 <36>
歯磨き(プラークコントロール) <102>
舌、粘膜、唇の病気・異常 <41>
アレルギー(過敏症) <30>
麻酔 <45>
薬剤 <59>
レントゲン・CT <45>
歯科恐怖症 <29>
治療費・費用 <129>
医療ミス・裁判・不信感 <286>
詰め物、インレー <160>
クラウン(差し歯・被せ物) <328>
支台築造(歯の土台) <60>
インプラント <176>
ブリッジ <145>
部分入れ歯(部分義歯) <55>
総入れ歯(総義歯) <12>
衛生士・技工士・歯科助手 <86>
専門的な質問 <277>
歯科と全身疾患 <68>
海外 <113>
その他 <725>