分娩ガイド < 誘発分娩



誘発分娩

誘発分娩では分娩促進剤を使って陣痛を誘発します。

この薬を使うのは前期破水した後長時間経過した場合、計画分娩を行う場合など、胎児や母体が自然分娩に適さないと判断された場合に使用されるものです。
sponsored link

分娩促進剤とは?

分娩促進剤はプロスタグラディンとオキシトシンの2種類があります。
これらを使うことにより子宮の収縮が強められ、誘発分娩が可能になるのです。

しかし、誘発分娩を行う際に子宮口が開いていない場合にはメトロイリンテル法を行ってから誘発分娩に入ります。メトロイリンテル法というのは、ラミナリア(海藻を乾燥させた棒)を使って子宮口をある程度開ける方法です。

誘発分娩のメリット

「突然陣発・自宅破水の心配が低下する」
「予定日超過が原因の巨大児が生まれる可能性が低下する」
「予定日超過が原因の胎児胎盤機能不善の可能性が低下する」
「母体、胎児共に負担が少なくなる」
「分娩の際の出血が少なくなる」
「遷延分娩の可能性が低下する(微弱陣痛による)」

誘発分娩のデメリット

分娩促進剤の効果が出過ぎた場合には、陣痛も強くなり過ぎてしまいます。
これにより、子宮裂傷・子宮破裂の可能性が出てきます。

メリットもデメリットもある誘発分娩。分娩監視装置で胎児の心拍数などを細かく確認しつつベストな処置を行う必要があります。

ちなみに、分娩促進剤を微弱陣痛で使った場合には健康保険が適用されます。
sponsored link

大野歯科医院
群馬県前橋市千代田町2丁目2−10
国道17号線沿い 前橋テルサ斜め前
TEL:027−231−4690
時間予約制
診療日
9:00〜12:15
(隔週)
× ×
14:00〜18:15
(火曜、土曜は17:15分まで)

(隔週)
× ×